浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年03月13日
10 view

賃貸におけるウォークインクローゼットの利点と欠点



賃貸物件に引っ越すにあたって、ウォークインクローゼット付きの物件を探している方も多いと思います。
では賃貸におけるウォークインクローゼットには、具体的にどんな利点と欠点があるのでしょうか?
本記事を読んでいただくことで、皆さんの賃貸物件探しにおける幅が広がれば幸いです。

賃貸におけるウォークインクローゼットの利点について

賃貸におけるウォークインクローゼットの利点は、以下の通りです。

• 衣服が収納しやすい
壁にパイプが設置されている場合が多いため、ハンガーに衣服をかけてそのまま収納できます。
ハンガーのまま収納することで、衣服をたたむ必要はありませんし、自分が着たい服をすぐに見つけやすくなります。
また簡単に衣服の全体を見ることができるので、コーディネートもしやすいでしょう。

• 中で着替えることもできる
ウォークインクローゼット内にある程度の広さがあれば、試着室のように中で着替えることもできます。
中で衣服選びから着替えまですべて終わらせることができるので、あちこちに衣服が散らかる心配もありません。

• 衣服以外も収納できる
ハンガーをかけているスペースの下などには、衣服以外にもさまざまなものを収納できる可能性があります。
したがって、夏季や冬季にしか使用しない冷暖房器具などの収納場所にも困りません。

賃貸におけるウォークインクローゼットの欠点について

賃貸におけるウォークインクローゼットには、以下のような欠点もあります。

• 生活するスペースが少し狭くなる
ウォークインクローゼットは、通常のクローゼットよりも大きなスペースを使って設置されています。
したがって同じ間取りの賃貸物件であっても、ウォークインクローゼット付きの賃貸の方が狭く感じてしまうという欠点があります。
できるだけ広さを感じたいという方は、部屋に多くの家具を置かないなどの工夫をする必要があるでしょう。

• カビが生えやすい
基本的に窓は設置されていないため、通気性が悪くカビが生えやすいという欠点があります。
したがって、普段あまりクローゼットを開けない方でも、なるべく意識して扉を開け、カビの発生を防ぐようにしなければいけません。

まとめ

賃貸におけるウォークインクローゼットには、これだけの利点と欠点があります。
“広々としたクローゼットを使いたい!”という理由だけで、ウォークインクローゼット付きの賃貸を探している方は、必ず欠点も考慮するようにしましょう。
またウォークインクローゼットの利点を知らなかったという方は、これを機会にウォークインクローゼット付きの賃貸を選択肢に入れてみるのもアリだと思います。