浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年02月16日
233 view

賃貸物件で台風が来たときにやっておきたい対策とは?



我々の生活を脅かすほど、甚大な被害をもたらすこともある台風。
賃貸物件に住んでいる方は、必ず台風が来たときにやっておきたい対策を知っておきましょう。
どれも簡単にできるものばかりなので、いざというときに対策が取れるように準備しておいてください。

 

賃貸物件で台風が来たときにやっておきたい対策①ダンボールを貼る

賃貸物件で台風が来たときの対策の1つに、窓にダンボールを貼るという対策が挙げられます。
窓の外からダンボールを当て、ガムテープなどで固定することで、強風によって飛ばされたものが窓に当たり、ガラスが割れるのを防ぎます。
ガラスが割れると当然吹きさらしの状態になり、さらには大きな物がガラスを割って飛び込んでくることで、割れたガラスが飛散しケガに繋がる恐れがあります。
したがってダンボールは複数枚、常に自宅に用意しておくべきでしょう。

 

賃貸物件で台風が来たときにやっておきたい対策②養生テープを貼る

養生テープを貼ることも、賃貸物件で台風が来たときにやっておきたい対策の1つです。
これは、先ほどのダンボールと組み合わせるとより効果を発揮します。
ダンボールを貼り付けて窓ガラスを全面的に強化し、風で窓が壊れないように養生テープを貼り付けましょう。
養生テープは窓の強度を上げられる上に、ガラスに剥がした跡が残りにくいのが特徴です。
窓に養生テープを貼るときは、内側から“X”を描くように窓全体に貼り付けると効果的です。
また養生テープの上にガムテープを貼ると、さらに強度を上げることができます。

 

賃貸物件で台風が来たときにやっておきたい対策③雨戸を閉める

賃貸物件に雨戸が設置されているのであれば、これを閉めることが1番手っ取り早い台風への対策と言えます。
ただ実は賃貸物件には、雨戸が設置されていない物件が多いです。
特に高層マンションなどでは、災害時の雨戸落下のリスクを防ぐために、設置されていない場合がほとんどです。
またマンションなどの賃貸物件では、強化ガラスなどが採用されている場合もあり、そもそも雨戸を必要としない物件もあります。

 

まとめ

賃貸物件で台風が来たときにやっておくべき対策を解説しました。
賃貸物件での台風対策を始める際は、まず自身の賃貸物件に雨戸が設置されているかどうかを確認しましょう。
もし設置されていない場合は、上記の対策を取れるように、自宅にダンボールやガムテープ、養生テープを用意しておくことをおすすめします。
またベランダやバルコニーに雨戸があっても、他に窓がある場合は、そちらの対策も考えておきましょう。