浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年02月15日
8 view

賃貸物件でペットを飼うときの注意点を押さえよう!



賃貸物件の中には、ペットが飼える物件もあります。
いつの時代も人気のあるペットが飼える物件ですが、ペットが飼えるからと言って、何も気にせずペットと生活できるというわけではありません。
今回は、賃貸物件でペットを飼うときの注意点について詳しく解説します。

 

賃貸物件でペットを飼うときの注意点について①ペットを飼っていない人のことを考える

ペットが飼える賃貸物件には2つの種類があります。
1つは、ペットを飼っている人しか住んでいない賃貸物件です。
もう1つは、ペットを飼っている人と買っていない人が共存している賃貸物件です。
ただほとんどの場合は後者に入居することになるため、ペットと生活できるとは言え、ペットを飼っていない人のことも考えて生活しなければいけません。
鳴き声や臭いなどに関しては、飼っている人はそうでなくても、飼っていない人にとっては大きなストレスになる場合があります。
したがってペットを飼い始めた段階で、同じ物件の住人にあいさつをして、ペットを飼っているということを伝えるのが効果的でしょう。

 

賃貸物件でペットを飼うときの注意点について②しつけを徹底する

他の住人に迷惑をかけないためには、ペットのしつけを徹底しなければいけません。
しつけをしっかりしていないと、ペットを飼っていない人だけでなく、同じくペットを飼っている人にまで迷惑をかけてしまう可能性があります。
猫や犬などは、比較的小さいときの方がしつけはしやすいと言われているため、飼い始めたらすぐにしつけを行うようにしましょう。
しつけによってトイレの場所を把握させたり、自分の留守中に吠えないようにしたりすることは大切です。

 

賃貸物件でペットを飼うときの注意点について③預け先を決めておく

出張や旅行などで、どうしても数日間もしくは長期間家を空けることになってしまった場合に備えて、必ず事前にペットの預け先を決めておきましょう。
何日か家を空けるにも関わらず、ペットをそのまま放置していると、自分の知らないところで同じ物件の住人に迷惑をかけるかもしれません。
同じ物件にペットを飼っている知り合いの人がいるのであれば、そのような人に頼むのも効果的です。

 

まとめ

賃貸物件でペットを飼う場合には、これだけの注意点があることを押さえておきましょう。
中でも1番注意していただきたいのは、やはりペットへのしつけを徹底することです。
例えペットを飼っている人しかいない賃貸物件であっても、ペットのしつけがなっていないと、ペット愛好家にまで嫌な思いをさせてしまうかもしれません。
子どもの責任は親の責任なのと同じように、当然ながらペットの責任は飼い主の責任です。