浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年02月13日
21 view

質の良い睡眠が取れる部屋の作り方を解説します!



“なかなか寝付けない”、“眠りが浅い”という悩みを抱えている方は多いでしょう。
質の良い睡眠が取れていないと、仕事や勉学に悪影響を及ぼします。
そんな方々は、1度質の良い睡眠が取れる部屋を作ってみましょう。
質の良い睡眠には、質の良い睡眠を取れる部屋が必要不可欠です。

 

質の良い睡眠が取れる部屋の作り方①空間の作り方

質の良い睡眠を取る部屋を作るには、できるだけベッド、布団以外のインテリアを置かないようにしましょう。
机や本棚などのインテリアを置いてしまうと圧迫感が生まれやすくなり、知らず知らずの間に安心して眠れない空間を作ってしまいます。
またテレビやパソコンから放たれるブルーライトは、質の良い睡眠を妨げる効果があるため、できるだけ睡眠を取る部屋には設置しないことをおすすめします。

 

質の良い睡眠が取れる部屋の作り方②光の入れ方

質の良い睡眠が取れる部屋を作るためには、光の入れ方にも気をつけなければいけません。
部屋が明るすぎると、睡眠誘発の効果があるメラトニンの分泌が阻害されてしまいます。
ただ暗すぎても、無意識に不安な気持ちが生まれて睡眠の質は下がってしまいやすくなります。
したがって寝室の明るさは、少しだけものが見える程度にしておくことをおすすめします。
また陽の光を遮るために、できるだけ厚手のカーテンを設置しましょう。
ただあまりに光を遮ってしまうと朝目覚めにくくなってしまうため、ベッドや布団から離れた位置に少しだけ光が入るように、カーテンの隙間を空けておくべきです。

 

質の良い睡眠が取れる部屋の作り方③防音対策

外部からの音を防ぐための対策も、質の良い睡眠が取れる部屋を作るには必要不可欠です。
少し外部の環境音が大きいという場合は、厚手のカーテンとレースカーテンの両方を設置しましょう。
ただ近年は1枚でも防音効果があるカーテンも販売されているため、それを選んでも構いません。
また外部の小さな音でも気になってしまうという方は、初めから閑静なエリアにある賃貸物件を選ぶように心掛けてください。
ある程度はカーテンなどで防ぐことができる環境音ですが、人より音が気になりやすい方にとっては、小さな音でも睡眠の質を下げる要因になりかねません。

 

まとめ

質の良い睡眠が取れる部屋の作り方について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりする方は、もしかしたら部屋の明るさや空間の作り方、防音対策に関する問題があるかもしれません。
質の良い睡眠は、日々の原動力となります。
実践できる方は、ぜひ1度試してみることをおすすめします。