浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年01月20日
9 view

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件について解説します!



高齢化社会の現代では、賃貸物件を探しているお年寄りの方も多くいます。
ではお年寄りの方が賃貸物件を借りる際、一体どんな条件の物件を借りるべきなのでしょうか?
お年寄りは安全に生活するために、今回解説する条件を満たした賃貸物件への入居をおすすめします。

 

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件①身内の家に近い

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件として、まず“身内の家に近い”ということが挙げられます。
もしお年寄りの方の身体に何かあったときのために、子世帯や親戚の家の近くで賃貸物件を借りるようにしましょう。
そうすることで、困ったときにサポートしてもらえるだけでなく、子どもや親戚を安心させることもできます。
持病を抱えている方などは、特に意識すべきポイントでしょう。

 

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件②病院に近い

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件には、“病院に近い”ということも挙げられます。
お年寄りになると、どうしても通院する頻度が増えるため、賃貸物件のすぐ近くに病院がある方が便利です。

 

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件③バリアフリー

お年寄りは、“バリアフリー”の賃貸物件を借りるべきです。
階段、段差はお年寄りの生活において、とても大きな障害になり得ます。
したがって建物の敷地内や部屋の中に段差がない物件で、できれば1階にある物件を選ぶことをおすすめします。
もし上層階に入居するのであれば、必ずエレベーター付きの賃貸物件に引っ越しましょう。
ただエレベーターの点検時にとても苦労するため、上層階に入居するのはあまりおすすめできません。
なるべく3階くらいまでに抑えておきましょう。

 

お年寄りが賃貸物件を借りる際に利用できる制度

お年寄りが賃貸物件を借りる際は、さまざまな制度を利用できます。
代表的な制度に、“家賃債務保証”や“高齢者向け賃貸住宅”などが挙げられます。
家賃債務保証は、連帯保証人を確保しにくいお年寄りのために、高齢者住宅財団が連帯保証人を務めてくれるという制度です。
高齢者向け賃貸住宅は、お年寄りが住みやすいような環境・設備が整えられた物件を提供してくれる制度です。
お年寄りに向けて提供される賃貸物件のため、一般の賃貸物件よりも審査に通りやすくなります。

 

まとめ

お年寄りが借りるべき賃貸物件の条件について解説しました。
先ほど少し触れたように、お年寄りの中には連帯保証人を確保するのが難しい方も多いです。
また身体的な不安、経済的な不安によって入居審査に通らないこともしばしばあります。
したがってお年寄りがスムーズに賃貸物件に入居するためには、入居審査で有利になる制度を利用し、その上で条件を満たした物件を選ぶべきだと言えるでしょう。