浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年01月18日
14 view

賃貸物件の駐車場料金を安くしたい場合はどうするべき?



車を所有している方が賃貸物件に引っ越す場合、必ずチェックしなければいけないのが駐車場料金です。
駐車場料金は賃貸物件の賃料と同じく継続してかかる費用のため、できるだけ節約したいですよね。
では賃貸物件の駐車場料金は、どうすれば節約できるのでしょうか?

 

賃貸物件の駐車場料金を安くする方法①青空駐車場を選ぶ

賃貸物件の駐車場料金を節約したいのであれば、なるべく“青空駐車場”がある物件を選びましょう。
青空駐車場とは、屋根やシャッターなどが付いていない屋外の駐車場のことです。
しっかり舗装されており、屋根やシャッターなどが完備されている屋内の駐車場は、青空駐車場と比較すると料金が高い場合が多いです。
したがって、もし車が雨に濡れる環境だったり、駐車場が舗装されていなかったりしても気にしないという方は、青空駐車場がある物件を探しましょう。

 

賃貸物件の駐車場料金を安くする方法②周辺で駐車場を探す

賃貸物件の駐車場料金を節約したい場合、賃貸物件周辺にある別の駐車場を探すという方法も効果的です。
賃貸物件に駐車場が完備されているからといって、必ずその駐車場と契約しなければいけないわけではありません。
引っ越しをしようとしている賃貸物件の駐車場料金が許容範囲を超えている場合、すぐ周辺にある別の駐車場に切り替えるべきです。
よく探せば、屋根やシャッターがついている駐車場でも料金が格安なところが見つかるかもしれません。

 

“駐車場料金無料”の賃貸物件ってどうなの?

賃貸物件の中には、“駐車場料金無料”の物件として公開されているところもあります。
本当に駐車場料金無料の賃貸物件なのであれば、車を所有している方にとってとても魅力的ですよね。
ただ残念ながら駐車場料金無料の賃貸物件は、物件の賃料に駐車場料金が含まれているというケースがほとんどです。
“敷金・礼金なし物件”と同じ仕組みですね。
周辺の賃貸物件と比べると、賃料が高めに設定されている場合が多いため、もし駐車場料金無料の賃貸物件を見つけても、すぐに飛びつかないことをおすすめします。
きちんと賃料の相場をチェックし、上乗せされている分がいくらなのかを確認しましょう。

 

まとめ

賃貸物件の駐車場料金を安くするための方法について解説しました。
賃貸物件に駐車場が完備されていても、必ず1度周辺の別の駐車場との料金を比較することをおすすめします。
また引っ越す賃貸物件に駐車場が完備されていない場合は、早めに周辺の駐車場事情をチェックしておきましょう。
駐車場にこだわりがない方であれば、賃貸物件の駐車場よりも安い場所を見つけられる可能性は高いです。