~お任せ新浦安賃貸情報~
清田不動産
更新日: 2019年01月13日
5 view

賃貸物件の合鍵を作ることは可能なのか?オーナーの許可は?



賃貸物件に居住する方の中には、両親や兄弟、もしくは恋人などに対して、合鍵を作って渡しておきたいという方もいるでしょう。
そういう場合、賃貸物件の合鍵を作ることは可能なのでしょうか?
オーナーの許可が必要なのかどうかも含めて、賃貸物件の合鍵について解説していきます。

 

賃貸物件の合鍵を作るにはオーナーの許可が必要!

結論から言うと、賃貸物件の合鍵はオーナーの許可がないと作れません。
なぜかと言うと、賃貸物件そのものと同じく、賃貸物件に鍵もオーナーの所有物であるためです。
つまり合鍵を勝手に作るということは、賃貸物件で勝手に入居者以外の人物を生活させるのと同じようなことであると言えます。
入居者がオーナーから渡されている賃貸物件の鍵は、入居者の所有物ではなく、あくまで“入居者に預けられたオーナーの所有物”だということですね。
また賃貸物件のオーナーには、入居者が日々安全な生活を送ることができるように、努力しなければいけないという義務があります。
入居者が合鍵を作り、第三者に渡していることをオーナーが把握しておらず、入居者と第三者との間で揉めごとが発生してしまった場合、オーナーは前述の義務を果たしていないことになります。
そのため、オーナーは自由に入居者に合鍵を作らせることができないのです。

 

賃貸物件の合鍵を作るための許可が下りやすいケースとは?

賃貸物件の合鍵を作るためには、必ずオーナーの許可が必要だという話をしました。
ただ正当な理由がないと、オーナーの許可が下りないケースも少なくありません。
身体が不自由な方が、両親や子に合鍵を渡しておきたいといったようなケースは、基本的にオーナーの許可が下りやすいでしょう。
またシェアハウスのように複数の人物が入居する物件では、合鍵作成の許可が下りやすくなります。
シェアハウスの場合、入居者の家を出る時間や帰宅する時間がバラバラになることも多いため、1人ずつ鍵を持っていないと逆に入居者が安全な生活を送れなくなる可能性があるためです。
ただ賃貸物件の合鍵を渡す相手は、例え家族や恋人、同居人などであっても、間違いなく信頼できる相手でないといけません。
揉めごとが起こった際、合鍵を渡していることによって犯罪の被害に遭うことも十分考えられます。

 

まとめ

これまで賃貸物件で生活してきた方の中には、気軽な気持ちで合鍵を作成していた方もいるかもしれません。
ただこれからは、賃貸物件の鍵を“オーナーの所有物”だと強く認識し、合鍵を作る際には必ず許可を取るようにしましょう。
またもし合鍵を作る許可が下りた場合は、退去時に合鍵を含むすべての鍵を返却することを約束するべきです。