浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年12月21日
12 view

賃貸物件で和室を選ぶ際に知っておきたいことは?



賃貸物件を選ぶ際、和室が中心となっている部屋を選ぶ場合もあります。
賃貸物件で和室を選ぶ際に知っておきたいこととは、つまり和室の利点と欠点のことです。
和室には和室ならではの良さがありますが、和室ならではの欠点も持ち合わせています。
詳細を確認してみましょう。

 

賃貸物件で和室を選ぶことの利点は?

賃貸物件で和室を選ぶことの利点には、以下のことが挙げられます。

・賃料が安い場合が多い
和室が中心となっている賃貸物件は、洋室の物件と比べて賃料が安い傾向にあります。
和室中心の物件には築年数が古い物件が多いことが理由で、同じエリアの賃貸物件でも、和室の方がコストを抑えられるでしょう。

・通気性が良い
和室に備え付けられた畳、ふすまは通気性が良いです。
特にふすまには調湿機能が備わっているため、梅雨の時期などは特に湿気を感じにくいです。

・イスを設置する必要がない
畳の部屋であればイスを用意する必要がなく、テーブルを設置するだけで済みます。
購入費用がかからない上に、友人を招く際に座るイスがなくなるという状況に陥りません。
またイスを置く分のスペースを空けることができるので、部屋を広く使うことができます。

 

賃貸物件で和室を選ぶことの欠点について

賃貸物件で和室を選ぶことには、もちろん欠点もあります。

・掃除が大変
洋室のフローリングであれば、掃除機やワイパーなどを使用することで、比較的すぐに汚れを落とすことができます。
ただ和室の場合、畳の間にゴミやホコリが入り込んでしまうと、なかなかすぐに掃除することができません。
また畳自体が擦り減ることによって出るゴミ、砂壁が剥がれ落ちることによって出るゴミなどの掃除も大変です。

・家具を置きにくい
和室で支点ものの家具を設置すると、畳にくっきりと跡がついてしまいます。
基本的に畳のへこみなどによって原状回復費を請求されることはありませんが、著しく跡や傷がついている場合、退去時に原状回復費を請求される可能性はゼロではありません。

・環境が悪くなりやすい
和室のふすまは湿気を吸収してくれますが、その分ハウスダスト、ダニなどが好む環境になりやすいです。

 

まとめ

賃貸物件で和室を選ぶ際に知っておきたいことは、和室の利点と欠点です。
和室にはさまざまな魅力があり、日本人にとってとても落ち着く空間でもあります。
ただ賃料の安さだけで物件を選んでしまうと、生活していくにあたって不便に感じる点も出てくるでしょう。
和室は和室でも、すでに1度リフォームされた和室であれば、何十年も前からある和室よりも快適に過ごせることが予想されます。