浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年11月30日
9 view

ペットが飼える賃貸にも種類があることを知っていますか?



実家で飼っているペットを連れて行きたい方、これからペットの購入を検討している方にとって、賃貸物件でペットが飼えるかどうかは重要なポイントです。
ペットが飼える賃貸物件は、1種類ではないことをご存じでしょうか?
ペットが飼える賃貸物件の種類と、それぞれの利点・欠点を解説します。

 

ペットが飼える賃貸物件の種類①ペット共生型賃貸住宅

ペットが飼える賃貸物件の種類は、大きく2つに分かれます。
そのうちの1つが、“ペット共生型賃貸住宅”です。
簡単に言うと、最初からペットと一緒に住むことを考えて建設された賃貸物件のことですね。
ペット共生型賃貸住宅には、部屋だけでなく建物全体にペットと住むことを考慮した設備が揃っています。
例えば建物の入口部分にペットの足を洗うスペースが設置されていたり、専用のトイレが設置されていたりという場合があります。
また物件の屋上にはドッグランがある場合もあり、ペットと賃貸物件に住みたい方にとって楽園のような環境です。
住民のほとんどがペットを飼っているため、住民同士でペット関連のトラブルに発展する可能性も低いでしょう。
ただペット共生型賃貸住宅は、同じ間取りの通常の賃貸物件と比べて、賃料や入居コストが高くなってしまう傾向にあります。
したがって引っ越す場合は、入居に使えるコストを前もって高めに設定しておく必要があります。

 

ペットが飼える賃貸物件の種類②後々ペットが飼えるようになった物件

ペットが飼える賃貸物件のもう1つの種類は、元々通常の物件だったところが後々ペットOKになったというケースです。
上記の賃貸物件の利点は、ペット共生型賃貸住宅と比べて賃料が安く、入居する際のコストも抑えやすいというところです。
ただ建物内にはペットを毛嫌いする方が住んでいる可能性もあり、なかなか理解してくれない住民とトラブルになりやすいところが欠点です。
また元々ペットと住むことを考えて作られた物件ではないため、建物内にペット用の設備があるということもまずありません。
ペットが飼えるとはいえ、自分自身でペットと生活しやすい環境を作り、住民に迷惑をかけないような工夫をすること必要があるでしょう。

 

まとめ

ペットが飼える賃貸物件の種類について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
少し費用がかさんでも、ペットにとっても自分にとっても最適な環境で生活したいというのであれば、ぜひペット共生型賃貸住宅に住むことをおすすめします。
ただそれほど多く物件数があるわけではないので、他の条件が絞られてしまうかもしれないことは、事前に理解しておきましょう。