浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年11月29日
7 view

カップルが住む賃貸物件の間取りはどうやって決める?



カップルで賃貸物件に住む場合、間取りはどのように決めるのが適切なのでしょうか?
1人暮らしをする場合と、カップルで賃貸物件に住む場合とでは、着目するポイントが異なります。
これから新生活をスタートさせようとしているカップルには、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

カップルが住む賃貸物件の間取りはこうやって決める!

カップルが住む賃貸物件の間取りを決める際は、まず“プライベートの時間”を考慮しましょう。
常に顔を合わせていたいと思えるのはとても良いことですが、2人で過ごす場所と1人で過ごす場所を考慮することは大事でしょう。
後々、お互いが“プライベートの時間がない”と思ってしまっても後悔するだけです。
またカップルが住む賃貸物件の間取りを決める際、“各部屋の配置”にも着目しましょう。
例えば生活リズムが異なる2人であれば、1人が寝ている時間にもう1人が帰宅するということも考えられます。
その際、起こしてしまわないような部屋の配置になっているかというのはとても大事です。
またトイレやお風呂が居室のすぐ近くにあると、物音が聞こえやすくなってしまうので要注意です。

 

カップルに人気の賃貸物件における間取りって?

カップルが選ぶことの多い賃貸物件における間取りは、何と言っても1LDK、2DKの2つです。
もしどちらの間取りにするか決めかねているという場合は、それぞれの利点と欠点をしっかり洗い出しましょう。
1DLKはどちらかと言うと、1人の時間がそれほど重要じゃないカップルが住むのに向いている間取りです。
2DKと比べて共有スペースが広いケースが多く、2人で顔を合わせながら快適な空間で過ごすことができます。
ただ1LDKには、喧嘩したときなどに少し過ごしにくいという欠点があります。
2DKはダイニング以外に部屋が2つあるため、1LDKに比べて共有スペースは狭くなることが多いです。
ただプライベートの時間をより大切にしたいカップルであれば、それぞれの部屋がある2DKに住むべきでしょう。
ただ2DKでは1人でいる時間が長くなりがちなため、それがカップルの仲に影響することも考えられます。
また1つ1つの部屋がそれほど大きくないことが多いため、開放的なスペースは作りにくいと言えます。

 

まとめ

カップルが住む賃貸物件の間取りについて解説しました。
カップルで住むことを想定して物件を決めたにも関わらず、揉め事が原因で1人がすぐに退去するようなことになると、非常にもったいないです。
物件を決定する前にお互いの意見をしっかりまとめ、引っ越した後に後悔しないようにしておくことが、最低限の準備だと言えるでしょう。