浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年11月26日
29 view

賃貸物件に元々付帯している設備の買い替えはOK?



賃貸物件を借りるとき、最初からその物件にエアコンなどの設備が付帯している場合があります。
引っ越し資金を抑えたい方にとっては、非常にありがたいサービスですよね。
では最初から賃貸物件に付帯している設備を、入居者が新しく買い換えることは可能なのでしょうか?

 

賃貸物件に付帯している設備を買い換えたいときは契約内容の確認を!

賃貸物件に最初から付帯している設備を買い換えたいときには、さまざまなケースがあります。
設備が老朽化していて機能しない場合や、新しい家電などが発売されたため買い換えたい場合などです。
もし賃貸物件に最初から付帯している設備を買い換えたい場合、まずは契約内容を確認しましょう。
入居の際に交わした契約書の中には、必ず賃貸物件の設備における記載があります。
特にチェックしておきたいのは、“買い替えが許されるケース”、また“買い替え費用の負担”についてです。
一般的に賃貸物件に最初から付帯している設備であっても、入居者が買い換えたものと交換することは可能です。
また費用については、一般的な賃貸借契約では、最初から付帯している設備が経年劣化などによって老朽化している場合、物件のオーナーが買い替え費用、修理費用を負担するケースが多いです。
ただ新しい家電が発売されたので買い換えたいといったケースは、入居者が買い替え費用を負担することになるでしょう。
ちなみにオーナーが買い替え費用を負担する買い替えの場合、入居者が希望する設備を導入してもらえるとは限りません。

間違っても賃貸物件に付帯している設備を無断で買い換えないようにしよう

先ほど、賃貸物件に最初から付帯している設備でも、入居者が買い換えることは基本的に可能だという話をしました。
かと言って、オーナーに無断で買い替えることはNGです。
なぜかと言うと、賃貸物件に最初から付帯している設備は、オーナーの所有物であるためです。
また賃貸物件の中には、老朽化以外のケースでの設備の買い替えを認めていない物件もあります。
それでも自分が好きな設備を買い換えて設置したいという方は、賃貸物件の管理会社やオーナーに相談するようにしましょう。

 

まとめ

賃貸物件に最初から付帯している設備の買い替えについて解説しました。
入居者が希望する設備に買い替えたい気持ちはわかりますが、やはりそこはあくまで賃貸物件のため、権限はオーナーにあると考えておきましょう。
ただ老朽化した設備の買い替え費用を入居者が負担するということはまずないため、少しでも不具合を感じたらすぐに管理会社、またはオーナーに連絡するようにしてください。