浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年11月20日
16 view

賃貸物件の審査に通過しない人とはどんな人なのか?



賃貸物件を借りる際には審査があります。
この審査に通過しなければ、当然賃貸物件を借りることはできません。
初めて賃貸物件を借りる方にとって、審査に通過するかどうかはとても不安でしょう。
賃貸物件の審査に通過しない人とは、一体どんな人なのでしょうか?

 

そもそも賃貸物件の審査は誰が行う?

賃貸物件を借りる場合には、契約者が連帯保証人を用意するケース、または保証会社を利用するケースがあります。
すべての契約者が連帯保証人を用意できるとは限らないため、用意できない方は保証会社を利用して、連帯保証人の代わりになってもらいます。
賃貸物件の契約において連帯保証人を用意するケースでは、不動産会社によって審査が実施されます。
保証会社を利用するケースでは、不動産会社と保証会社によって審査が行われるのが一般的です。

 

賃貸物件の審査に通過しない人はこんな人!

賃貸物件の審査に通過しない人としてまず挙げられるのは、“賃料と収入が釣り合っていない人”です。
安定した収入がある方でも、収入に比べて物件の賃料が高いケースでは、審査に通過しない可能性が高いです。
契約する賃貸物件の賃料は、月収の3割以内くらいが目安です。
事前に自身の収入と賃料を見比べて、上記の割合を超えている場合は1度契約を考え直す方が賢明でしょう。
また“クレジットカードなどの滞納履歴がある人”も、賃貸物件の審査に通過しない可能性が高いでしょう。
クレジットカードでは、引き落としがされなかった場合の滞納履歴が残ります。
クレジットカードの滞納履歴があると、不動産会社から“支払い能力が低い人”と判断されやすくなり、審査に通過するのは厳しくなります。
その他に、“マナーや態度が悪い人”も賃貸物件の審査に通過しにくいでしょう。
収入が多く滞納履歴がない方であっても、不動産会社に訪れた際のマナーや態度が悪い場合、“今後トラブルを起こすかもしれない”と判断されてしまいます。
不動産会社は賃料を滞納されるのと同じくらい、契約者とのトラブルを敬遠します。
したがって不動産会社に訪れた時点で、すでに審査はスタートしていると考えた方がいいでしょう。

 

まとめ

賃貸物件の審査に通過しない人について解説しました。
もし賃貸物件の審査に通過しなかったとしても、なぜ通過しなかったのかを教えてもらうことはできません。
ただもし通過しなかった場合、今回解説したいずれかの項目において問題があったと考えるべきでしょう。
これから賃貸物件を借りようとしている方は、審査でつまずかないように準備してから臨むべきです。