浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年10月10日
46 view

立つ鳥跡を濁さず!マンション退去時に注意するべきことは?



マンションに入居し、生活していてもいずれは退去しなければいけない時がやってきます。引っ越し業者の手配、新居探しと退去時も準備で忙しくなってしまうと思います。しかし、忙しくても退去時にはきれいな部屋を明け渡さなければいけません。マンション退去時にやらなければいけないことを抑えておきましょう。

 

退去時にはマンションのハウスクリーニングを

マンションを退去する際には、必ず部屋の掃除をしなければいけません。荷づくりと合わせて一緒に大掃除を開始しましょう。特に忘れやすいのが換気扇、玄関です。油汚れでべとべとになっているかもしれませんので、取り外して掃除してあげてくださいね。また、窓もきちんと拭いて、網戸まできれいにしておきましょう。
どうしても汚れが落ちないという部分は、ハウスクリーニングを頼まなければいけない場合があります。大家さんがクリーニング代を出してくれるという場合もありますが、汚した分は入居者が支払わなければいけないという物件もあります。退去時に大家さんに確認して、しっかりときれいにしておきましょう。
傷、壁紙がはがれたなどの破損個所も確認して報告しなければいけません。別途修理費を支払わなければいけないこともありますが、報告して次の入居者のためにも修理してもらいましょう。

 

マンション退去時に必要な費用は?

入居時と同様、マンション退去時にも費用が掛かります。先ほど述べたハウスクリーニング代や修理費も含まれている場合があります。さらに、エアコン清掃費なども入る場合がありますが、多くは全額負担となりませんので、少しは費用を抑えることができるかと思います。壁紙やフロアの張替えも負担することがありますが、これは1面いくらと値段が決められています。
さらに敷金を支払った場合には退去時に敷金が返還されます。敷金を差し引いた額が入居者の負担額となりますので、支払わなくてもいい場合もあります。敷金を超えるほど破損個所があったり、喫煙によって壁紙が劣化してしまったという場合には数万円の支払いを見積もっておくといいでしょう。

 

まとめ

マンション退去時には、部屋をきれいに元の状態にして返還するために清掃や、修繕費用が掛かってしまう場合があります。立つ鳥跡を濁さずといいますが、退去時にきれいな状態の部屋を作ることで後々の利用者さんまで長く引きついでいくことができるのです。引っ越し料金や部屋決めにもお金がかかってしまうと思いますが、予算に余裕を持ってマンション退去を検討するようにしてくださいね。