浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年10月03日
458 view

賃貸物件で名義変更は可能?名義変更をするときとは?



皆さんは賃貸物件を借りていて名義変更をしたいということはありましたか?
名義変更とは第三者に賃貸物件の名義を明け渡すということですよね。なかなかすることはないかと思いますが、もしも名義変更をしたいとおもったときのために今回は名義変更について勉強してみましょう。

 

賃貸で名義変更するのはどんな時?

賃貸契約をしていて、名義変更するというのは大体入居者がその物件を出なければいけない、あるいは誰かに明け渡したいという時だと思います。
もしも家族で賃貸物件に住んでいるという場合には、死別、離婚、別居と言った理由があげられるのではないでしょうか。
多くの場合家族での賃貸契約は両親どちらか、働いている方が名義となる場合が多いかと思います。しかし、家族が2分してしまうという場合にはその賃貸物件に引き続き住む側に名義変更を行わなければいけなくなります。
また、一人暮らしでも名義変更するという場合があります。例えば、兄弟や家族にその賃貸を明け渡したいという時があります。新生活を始めるというタイミングで引き継ぐことが多いと思います。さらに、恋人との新生活のために彼氏へ名義変更するということも考えられます。

 

賃貸で名義変更するときにはどうする?

賃貸物件で名義変更をしたときには、物件の再契約を行わなければいけないことがあります。基本的に賃貸契約は大家さんや不動産としていると思いますが、そちらへ名義変更の契約をしなければいけません。再契約をしなければいけない場合には、入居時に必要な費用や各種書類を用意しておくようにしましょう。
多くの場合、敷金は元の入居者に戻ってきて、新たな名義人がまた支払わなければいけないことがあります。敷金を引き継いで、名義変更した人が退去する際に変換するということもできるかと思います。
いずれにしても、名義変更した側に費用が必要となることがあるかもしれませんので、賃貸の再契約を行う時にはしっかりと用意しておきましょう。

 

まとめ

賃貸の名義変更は可能ですが、大家さんや不動産と再契約したり、費用がさらに必要となる場合があります。大家さんの契約次第ですから、名義変更は可能か、手続きはどうするのか確認してから変更するのが良いでしょう。名義変更を断られてしまう場合もあるかもしれませんので、もしもの時には新たに部屋を探すということも考えておきましょう。