浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年09月28日
13 view

賃貸契約のためにかかる費用の相場はどのくらい?



賃貸を契約する際には、何かとお金がかかってしまいます。入居時には仲介手数料、敷金・礼金を支払わなければいけませんし、賃貸契約を継続するためには契約更新料が必要となってしまいます。このような費用は、不動産によって全く異なります。今回は賃貸契約に必要な各種費用の相場をみていきましょう。

 

賃貸の仲介手数料相場は?

賃貸契約の際には、仲介手数料を不動産に払わなければいけない場合があります。
仲介手数料とは、賃貸契約の際に大家さんとの仲介をしてくれた不動産へ支払う代金です。この仲介手数料の相場は、最大で家賃の1か月分だそうです。家賃10万円の物件であれば10万円をそのまま支払うことになるでしょう。しかし、近年仲介手数料に関しては相場がかなり安くなってきています。これは仲介手数料が半分や、無料という物件が増えてきているからです。他の不動産と差をつけるためにも、かなり仲介手数料はかからないというように相場が変わってきました。都会ではかなり物件も多いと思いますので、仲介手数料のかからない賃貸を探してみるのもいいのではないでしょうか。

 

賃貸契約更新料の相場は?

契約更新料にも、相場があります。この契約更新料とは、その名の通り賃貸契約が満期となったときに、再契約をするために支払う料金です。多くの賃貸では2年に一回の契約をしていると思いますので、そこに住み続ける場合には支払うかと思います。こちらも支払う相場は家賃の一か月分となっております。
契約更新料がかからないという賃貸もあります。契約更新の際には必ず契約更新料の話になるかと思いますので、住み続けるという場合には覚えておくといいかもしれませんね。この契約更新料は住み続けるから免除してくれ、あるいは減額してほしいといった交渉もできるかもしれません。ぜひ契約更新の際には値引き交渉をしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

賃貸契約の際には様々な費用が掛かってしまいます。今回は仲介手数料、契約更新料の二つをご紹介しましたが、どれもかなり賃貸によって費用が変わっています。このような費用の相場を見て、賃貸物件を決めてみるということもいいのではないでしょうか。契約費用はかなり掛かってしまいますので、このような費用の相場が安いところで賃貸契約を結ぶとかなり費用の節約になると思いますよ。