浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年09月10日
33 view

マンション管理の仕事って大変?やりがいを感じる瞬間とは



マンションをはじめ、賃貸物件を維持し、入居者が快適に生活していくためにはマンション管理人さんの仕事が不可欠です。しかし、マンション管理の仕事は生活を守っているだけあって多岐にわたります。マンション管理の仕事は大変だと思われているかもしれませんが、いったいどのような仕事が大変なのでしょうか?

 

マンション管理の大変さは人と向き合う時

マンション管理の大変さは、人と向き合わなければいけない仕事であるという点だと思います。例えばマンション管理では各種専門業者に仕事を頼まなければいけない時がやってきます。設備トラブル、点検、定期報告と業者さんとの関係作りは欠かせません。さらに、入居者トラブルの板挟みにあうと大変です。対立する意見を上手くまとめ上げてよい住環境を作る手助けをしなければいけないことも。人の話を聞いてうまく共感していくというスキルが大切なのではないでしょうか。
どんな仕事においても人と全く関わらないというものはなかなかありません。
対面してやり取りを続けていくことでより良い仕事ができるかと思います。
人とのつながりで仕事をやり遂げていくという点ではマンション管理は大変でもやりがいのある仕事であると思いますよ。

 

マンション管理では勉強も大変!?

マンション管理には専門資格が必要です。マンションという大きな施設を維持していくためにはそれだけ豊富な知識が必要ということです。人の生活を守る以上建築、経営、防災と言った知識をしっかりと頭に入れておかなければいけません。さらに、マンション管理に関する法律は変わっていきます。すべての知識をアップデートしていかなければ思わぬところでマンション管理の禁忌を踏んでしまうということもあるかもしれません。時代に従って勉強し続けていくという姿勢はとても大切なのではないでしょうか。
勉強しなければいけないというのはやはりマンション管理という仕事の専門性によるものです。誰にでも簡単にできる仕事ではないということは自分の自信や、誇りにつながっていく仕事なのではないでしょうか。

 

まとめ

マンション管理の仕事は、どうしても大変な場面に直面してしまうことがあります。しかし、大変というのはマンション管理だけではなく各種専門業者さん、大家さんも同じこと。入居者さんたちの安全を守っていくためにはとても大切な仕事です。そして、このマンション管理の仕事にやりがいを感じ、頑張っている人たちがたくさんいるのです。