浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年09月07日
14 view

マンション管理ではいったいどんな仕事をこなしているの?



マンション管理人の仕事は多岐にわたります。時には夜遅くまで仕事をしなければいけないことも。日々安全に、そして快適に暮らしていくことができるのはマンション管理人さんが裏で頑張っているという証拠なのかもしれません。今回はマンション管理とはどんな仕事なのか、そんな素朴な疑問に回答していきたいと思います。

 

マンション管理ってどんな仕事?簡潔に言うと…

マンション管理とは、いったいどんな仕事なのでしょうか。
簡潔にマンション管理がどんな仕事なのか説明すると、“住民の物件を維持、整備して済みよい環境を提供する”というお仕事なのではないでしょうか。マンション管理というその名の通りマンションの設備自体を管理・点検して不具合があった場合にはすぐに対応しなければいけません。これは建築法で定められている「修繕義務」や「清掃義務」といった語句に当てはまるのではないでしょうか。漏水、停電というようになかなか住民自身で対応することができないトラブルでは管理人が専門業者に連絡し、すぐに修繕しなければいけないのです。さらに、定期的に設備を点検してトラブルを未然に防がなければいけません。これらはどんな仕事なのかというと、マンション管理人が施設を整えていくことで、マンションの寿命が延びて長く利用できるようになるということなのです。

 

マンション管理では設備以外にどんな仕事をしているの?

マンション管理はもちろん住環境の整備だけにとどまりません。マンション管理では設備以外にどんな仕事があるのでしょうか。
マンション管理人は住民のトラブルにも対応することがあります。これはどんな仕事なのかというと、例えば騒音問題、共有スペースのトラブルなどです。どうしても他人同士が一つの物件に集まるとトラブルが起きてしまうものです。住みにくくなるだけではなく時に民事裁判にまで発展してしまうこともありますので、仲介に入らなければいけない場合もあります。

 

まとめ

マンション管理がどんな仕事か気になっていた方は、少し疑問が解消されたでしょうか。
とても大変な仕事のように思われるかもしれませんが人とかかわりあい、生活を守る大切な仕事です。ここで紹介したマンション管理業務はお仕事の一端でしかありませんので、マンション管理がどんな仕事か気になっている方は是非ご自分でもマンション管理について調べてみてくださいね。