浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年09月06日
12 view

マンションを借りる時必要な“連帯保証人”について学ぼう!



マンションを借りる時には、連帯保証人を記載し、契約しなければいけません。
連帯保証人は借金と同様、入居者に変わって義務を背負わなければいけない場合があるため、かなり責任の重い立場です。簡単に両親や兄弟に頼んでいるかもしれませんが、今回はマンション契約における連帯保証人の役割について学びましょう。

 

マンション契約における連帯保証人の役割は?

多くの場合、マンションを契約するには保証人というものが必要となります。ほとんどの場合入居者さんの両親に頼むことが多いと思います。そして、両親がいらっしゃらない、拒否されたという場合には兄弟など近い親等の親族が適応されるでしょう。
連帯保証人は、もしも入居者さんたちが何らかの理由で家賃を滞納しているという場合に代わりに家賃を支払う役割があります。安定して決まりきった収入がないと家賃を肩代わりするということはできませんので、連帯保証人になる方の収入証明書が必要となるあ愛もあります。あまり収入が低すぎる場合には連帯保証人を断られる場合もありますので、連帯保証人には誰の名前を書いていいというわけではないのです。
入居者同様、連帯保証人もマンション契約の際には実印、印鑑証明が必要となります。
やはりお金が関わる契約ですから、印鑑や証明書と言った公式書類が必要になってくるのですね。

 

マンションの連帯保証人になってくれる人がいない!

親族がいなかったり、保証人になることができなかったりするという場合ももちろんあるかと思います。そんなときには“家賃保証会社”が保証人として名前を書いてくれます。
ある一定の審査が通れば、会社と保証人として契約することができるのです。
しかし、会社に保証人を頼んだからと言って家賃を払わなくなった時に会社が払ってくれるというわけではありません。家賃滞納の際には家賃を支払ってくれますが、のちに会社へ家賃を支払わなければいけません。ある種の借金と同じですから、家賃は滞納しないようにしましょう。

 

まとめ

マンションを借りる際には連帯保証人が重要な役割をはたします。保証人がいなければマンションを借りることはできませんし、家賃の肩代わりという負担をかけてしまう場合もあります。連帯保証人も誰でもなれるものではありませんから、連帯保証人になってくれた方には
急に部屋を何年も明けたり、迷惑をかけたりしないように継続して家賃を支払うようにしてくださいね。