浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年09月04日
16 view

マンションで起きている民泊トラブルをご紹介します!



皆さんのお宅周辺に民泊はありますか?民泊とは、民家を宿泊施設として人に貸し出すということです。宿泊施設であればどこでもいいため、もちろんマンションの一室もその対象となっております。しかし、知らない人に部屋を貸し出す民泊にはトラブルがつきものです。今回はマンションの民泊で起きたトラブルを紹介します。

 

マンション民泊で起きたトラブルの一例

マンションで経営している民泊では、よくあるのが騒音トラブルです。通常の宿泊施設よりも安価である民泊は利用者の多くが外国人や旅行者です。旅行で楽しいのはわかりますが、騒音トラブルがマンションの民泊で問題となります。民泊として使っている部屋の隣人が困るだけではなく、マンションの共有スペースで騒音トラブルが起きたという事例もあります。特に飲酒までしている場合はトラブルとなりやすく、民泊での飲酒を規制しているマンションもあります。騒音トラブルになった場合には速やかに管理者や大家さんに連絡してみてくださいね。

 

マンションの民泊が犯罪トラブルに巻き込まれることも

民泊で怖いのが犯罪です。トラブルの一例としては、民泊として貸し出していた部屋が麻薬取引の場となっていたり、遺体遺棄現場となっていたといった事例がありました。民泊の貸し出しにはビザや身分証明書がもちろん必要なのですが、それでもよくわからない人に部屋を貸し出すということには変わりありません。犯罪の片棒を無意識に担がされているかもしれませんね。さらに、オートロックのマンションではマンションのキーナンバーを宿泊者に教えていたという事例も。これでは住民の安全を守るナンバーが不用意に第三者へ教えられてしまうかもしれません。民泊宿泊者ではない第三者が不用意にマンション内へ侵入してしまう可能性もありますので、マンションで民泊を経営するという場合には考慮しなければいけない点だと思います。

 

まとめ

マンションに限らず、民泊経営にはトラブルがつきものです。しかし、民泊が普及してきたことで空き家問題が解消されたり、旅行客が増えたりといった利点もあります。特に近々東京オリンピックもあり、宿泊施設は枯渇します。民泊も日本にとって大切な施設ですが、トラブルが起きないように制度や防犯を取り決めなければいけませんね。宿泊者にとっては面倒くさいかもしれませんが、入居者を守るために対策を考えていきましょう。