浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年08月24日
12 view

大家さんに家賃交渉を申し込むときのコツをご紹介!



大家さんは、まれに入居者の希望をくみ取ってくれる場合があります。家賃交渉は少し怖いチャレンジかもしれませんが大家さんに直談判してみると、意外とスンナリ応じてくれるかもしれません。大家さんに、家賃交渉を申し込むときはどのようにして値下げまで持ち込めばいいのでしょうか。

大家さんに家賃交渉をするなら契約更新時

大家さんが家賃交渉に応じてくれる一つの重要なタイミングは、契約更新の時です。多くの賃貸物件が1年に一回、2年に一回は必ず契約更新をして、また新たに何年かはその部屋に住まなければいけませんよね。そのタイミングで家賃交渉をしてみるとうまく進むということがあります。契約更新をするということはそれ以前に数年は住んでいるため、大家さんにきちんと家賃を払ってくれるという保証ができているわけです。
長く住んでいてくれる人であれば数千円の家賃交渉には応じてくれるかもしれません。契約更新時の家賃交渉は、家賃交渉に応じてくれれば契約更新するというような意味合いを持たせることもできます。ビジネス的な手法かもしれませんが、うまく家賃交渉を進めるためには大切なことだと思いますので、ぜひ実践してみてくださいね。

家賃交渉を大家さんに持ち込むためにはデータをしっかり用意しよう

先ほども言いましたが、家賃交渉はちょっとしたビジネスです。大家さんに家賃交渉を持ち込む際にはデータを用意するとうまく交渉が進むかもしれません。用意するべきデータは同じような間取りの家賃データ、さらに同じような立地にあるような物件のデータです。自分の部屋よりも安く、お得なお部屋がある場合には積極的にデータを集めるようにしましょう。そして、そのデータをもとに家賃交渉に持ち込むのです。データで示すことで論理的に家賃交渉に持ち込むことができますので、うまく大家さんを丸めこむこともできるかもしれません。家賃に関わらずお金の交渉をする場合には具体的なデータ収集が必須ですよね。できる限りの情報を集めてから大家さんに挑むことでうまく家賃交渉に応じてくれるかもしれませんよ。

まとめ

大家さんに家賃交渉を持ち込む際には、ビジネス的なコツが必要となってしまいます。もちろんお金が関わることですから交渉がうまくいかないこと尾も多いと思いますが、もしも大家さんといい関係を築くことができているのであればチャレンジしてみるのもいいかもしれません。