浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年08月14日
65 view

管理って奥深い!マンション管理人に求められる役割とは



マンションに住んでいるとあまり気が付かないかもしれませんが、マンション管理人は様々な業務をこなしているということをご存知でしたか?賃貸物件で起きたトラブルも、実はマンション管理人に相談してみるといいのかもしれません。マンション管理人に求められる役割を学び、マンション管理のお仕事に就いて学んでみましょう。

 

マンション管理人の主な役割は修繕・清掃

マンション管理人の役割は、やはりその名の通りマンションの建物自体の管理です。例えば、定期的な見回り、点検が役割として定められています。見回りや定期点検を行うことでマンションの設備がきちんと稼働しているか調べ、修理しなければいけません。
また、マンション設備の修繕もマンション管理人の大切な役割です。例えば水道から水漏れしているとき、ガスがうまくつかなくなった時など、マンションの設備修理が必要となってしまう場合があります。何年に一回かという長期スパンで大規模な修理、建て替えも行わなければいけないという役割もあります。このようにすべてのマンション管理を行うことで快適に住人たちが暮らしていくことができる環境を守らなければいけないという役割があるのです。これは「修繕義務」として建築法に定められていることですので、何かトラブルが合った際にはすぐにマンション管理人に報告するようにしましょう。

 

マンション管理人の役割はトラブル対応も含む

マンション管理人は時に住民同士のトラブルの仲介をしてくれる場合もあります。例えば騒音問題です。隣の人が夜中にうるさい、飲み会で騒いでいるなど、どうしてもトラブルになってしまう時があります。そんなときにはマンション管理人さんに連絡してみましょう。当人同士の話し合いでは解決しないことも多いと思いますので、第三者が間に入ることで話が丸く収まるかもしれません。また、宗教の勧誘、チラシ、怪しい人物などの侵入も防ぐ役割もあります。管理人がいるというだけで怪しい人を寄せ付けませんし、マンションのセキュリティ管理も役割に含まれますから、防犯という役割も担っているのです。

 

まとめ

マンション管理人の役割はここに紹介しただけではなく、さらに多くの仕事をこなしてくれています。もしマンションで暮らしていて何か困ったことがあったときには、マンション管理人に相談してみましょう。マンションを保っていくことが役割ですから、何かあったときに住民を助けてくれると思いますよ。