浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年08月08日
409 view

マンション管理は難しい?マンション管理の実態とは



マンション管理人というお仕事をご存知ですか?大家さんのように家賃など金銭面の管理をするわけではなく、主にマンションの施設、住人の管理を行う仕事です。会社で働いている方にはなかなか馴染みのない職業だと思いますので、マンション管理の実態を少し紹介していきたいと思います。

 

マンション管理の実態①定年してから始める方が多い

マンション管理人や大家さんの実態として、定年を迎えてから初めて手を出すという方が多いです。今マンションに住んでいる方はこの実態を、身を持って体験しているのではないでしょうか。大家さん、マンション管理人は年配の方が多いですよね。というのも、肉体的、時間的にあまり制約のない仕事だからです。マンションに住みながらマンション管理を行うことができますし、入居者がいれば安定した収入を得ることができます。もちろん、マンション管理のために水道、清掃業者さんなど各業種の専門家と関わらなければいけない機会はありますが、基本的には自由度の高いお仕事だと思います。マンション管理の実態では今まで働いていた人が定年を迎え、ゆったりとした生活を送るために始めるということが多いようです。つまり、若い人でマンション管理に手を出す方は優遇されるという実態なのかもしれませんね。

 

マンション管理の実態②人手不足

マンション管理の実態として、人手不足ということがあげられます。これは深刻な実態であり、特に都会で叫ばれている問題です。マンションは年々増えてきていますよね。これは都会に人口が毎年集中しているということに起因します。マンションが増えている分マンション管理人は足りなくなってきています。マンション管理を大手会社が率先して行っている場合もありますが、やはり未だにマンション管理人の求人はいくつもあるというのが実態です。マンション管理というあまり知らない仕事になかなか踏み出すのが難しいということも管理人が足りない理由の一つなのかもしれません。また、マンション管理士として本格的に働くためには資格が必要ということも実態として人手不足になる一因でしょう。

 

まとめ

皆さんもマンション管理の実態を少しはお分かりいただけたでしょうか。人数不足であるからこそ、マンション管理人という仕事に着手してみるのもいいかもしれません。定年までは安泰となかなか言えない時代です。手に職をつけておくに越したことはありませんから、ぜひこの実態に興味を持った方はマンション管理を始めてみてはいかがでしょうか。