浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年07月25日
9 view

賃貸物件を契約するには仲介手数料が必要!仲介手数料の相場を見てみよう



賃貸契約の際には、様々な費用が必要となります。敷金、礼金はもちろんのこと、不動産に対して仲介手数料を支払わなければいけない場合があります。仲介手数料は大家さんとの仲介に対する費用です。賃貸契約の費用はできるだけ安く抑えたいと思う方は、ぜひ仲介手数料の相場を知っておきましょう。

 

気になる賃貸の仲介手数料相場とは?

賃貸契約の際、仲介手数料の相場はたいていの不動産屋さんで決まっております。多くの不動産や賃貸物件で仲介手数料を『家賃の1か月分+消費税』としていることが多く、家賃が高ければ高いほど仲介手数料の相場も上がってしまうということになります。例えば家賃が10万円の物件であれば仲介手数料は10万8千円ということになります。この仲介手数料を不動産での賃貸契約時に支払わなければいけませんので、賃貸契約の際にはかなりの予算が必要になるということがお分かりいただけるかと思います。この仲介手数料の相場は宅建業法という法律で家賃の一か月分以下と決められていますので、仲介手数料の相場も法律の範囲内ギリギリの金額になってしまうということです。

 

賃貸で仲介手数料の相場よりも手数料が安い時

先ほど紹介した仲介手数料の相場、「家賃の一か月分+消費税」ということでしたが、それよりも仲介手数料が安い場合もたくさんあります。例えば、他の費用が高い賃貸の場合です。敷金や仲介手数料の他にも鍵代、事務手数料、保険契約料など不動産によって契約の際にかかる費用が異なります。これらを合算すると高くついてしまうため、仲介手数料を相場よりも低く、あるいは無料にしているという場合もあるのです。そのため、諸費用も合わせて結果どのくらいお金がかかるのかを計算しなければ、仲介手数料が安くても損をしてしまうかもしれません。
さらに、相場よりも低い際には不動産屋さんではやく物件を契約したい理由があるのかもしれません。悪い物件というわけではなく、売れる見込みがあったのに買い手がつかない、ぜひこの物件を紹介したいという際にも仲介手数料は相場から低くなっているかもしれませんよ。

 

まとめ

最初に述べた通り、賃貸契約には仲介手数料だけではなく、様々な費用が掛かってしまいます。仲介手数料と諸費用を合わせて考えると、多めに予算を持って不動産屋さんに行くのがベストです。また、仲介手数料だけを見て相場より安いからお得だ!と考えてしまうのではなく諸費用を合算して費用を比較してみてくださいね。できるだけ賃貸契約を安く抑えるために仲介手数料の相場はとても大切な知識だと思いますよ。