浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年07月20日
24 view

賃貸契約で発生する前家賃とは?前家賃の仕組みを学ぼう!



賃貸契約をするときには、必要なものがたくさんあります。免許証といった身分証明書、印鑑が契約に必要になってきますし、敷金、礼金など契約時に払わなければいけない費用も多めに必要です。不動産屋さんによっては、賃貸契約の際に前家賃という料金も発生する場合があります。前家賃とは一体どんな仕組みなのでしょうか。

 

賃貸契約における前家賃とは?

前家賃とは、その名の通り賃貸契約の時に家賃の1か月分、あるいは2か月分を入居前に前もって支払うというものです。多くの賃貸物件の場合、前家賃を日割りで支払うという場合が多いです。つまり、4月の15日に入居するのであれば、入居してから4月30日までの15日分で家賃を割った金額を前家賃として支払う場合が一般的です。日割りの場合は月初めに入居するほど前家賃の料金はかかるようになってしまいますよね。しかし、入居する月の分はその月のいつに入居しても1か月分支払わなければいけないという場合もあります。この場合はとにかく1か月分が前家賃として決められている場合であり、駐車場の契約などで多い仕組みです。賃貸契約時にどのような前家賃の仕組みになっているのか確認しておきましょう。

 

前家賃は賃貸契約でも払わない場合がある

賃貸契約ならば毎回どの不動産、賃貸物件でも前家賃を支払わなければいけないというわけではありません。例えば、郊外の賃貸物件や比較的家賃が安めの物件では、前家賃が契約に含まれていないという場合もあります。さらに、最近では「フリーレント」という形式の賃貸物件も増えてきました。フリーレントとは、賃貸物件で一定期間家賃が無料になるという形式の契約です。前家賃はもちろん、通常の家賃も期間内であれば支払わずに済むようになっています。フリーレントの場合は前家賃がかからない分初期費用がかなり安く抑えられますが、立地があまりよくなかったりほかの諸費用がかさんでしまったりという場合もありますので、契約内容はしっかりとみて契約をすることで、ほかの物件との比較ができるかと思います。

 

まとめ

今回は賃貸契約における前家賃について、基本的なことをお話ししました。
賃貸契約にはとてもお金がかかりますので、前家賃も含めて計算し、お財布に余裕をもって不動産に行くといいかもしれませんね。前家賃は多くの物件で採用されている初期費用ですから、前家賃について考えておくと賃貸契約の際にスムーズに進むと思いますよ。