新浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年07月18日
1,513 view

大家さんと不動産屋さんの違いは?生活の上で関わりはあるの?



引っ越しがうまくいっても、賃貸物件で生活していく上では大家さん、不動産とのかかわりは切っても切れない関係です。しかし、大家さんと不動産の違いは分からないという方も多いのではないでしょうか。これからかかわっていくであろう大家さん、不動産との関係について少し勉強してみましょう。

 

よく関わるのは大家さん、不動産は仲介業者

簡単に2つを区別すると、部屋のことなど日常的なことを管理してくれるのは大家さん、大家さんと入居者との関係を仲介してくれているのが不動産と考えておくといいかもしれません。不動産は部屋探しや契約のお手伝いをしてくれます。部屋探しをするうえで、主にかかわるのは不動産ですよね。無事に部屋を決めることができたら、大家さんとの仲介をしてくれるのです。不動産も、入居者側の希望と大家さん側の希望を踏まえて、お部屋の紹介をしています。大家さん側もこのような人は嫌だ、生活リズムが異なる方はちょっと…というような条件があるそうですので、お互いの希望をうまく仲介してくれているのが不動産です。入居した後は、大家さんがゴミ捨て場の管理をしてくれたり、家賃の管理、トラブルなどに対応したりしてくれるのではないでしょうか。
しかし、駐車場や水道などは不動産など、管理会社に委託して管理をしているという場合もあります。そのような場合は大家さんに相談してもすぐに対応してくれない場合があるかもしれませんね。

 

不動産ではなく大家さんが自主管理している物件も

多くの賃貸物件は不動産や管理会社が管理している物件が多いかと思います。
しかし、大家さんが自主管理しているという物件も数多く存在します。そのような場合はマンション管理や家賃、設備管理などすべて大家さんがやっているかと思います。不動産がかかわっておらず、大家さんが管理している物件は不動産への仲介料など、余計な費用が掛からないというメリットがあります。不動産が仲介している物件は仲介料がかかる場合が多いので初期費用が少し高くなってしまうのです。しかし、大家さん一人が管理している場合は管理が行き届かず、ゴミ捨て場が少し汚れてしまうという場合もあるかもしれませんね。

 

まとめ

大家さんと不動産の違いはお分かりいただけたでしょうか。大家さんが管理している物件、不動産が管理している物件にもそれぞれ特色があります。二つの違いを理解しておくと契約や、トラブルの相談がスムーズにいくかもしれませんね。しかし、不動産も大家さんもどちらとも関係作りが重要となりますので、いい関係を作っていると暮らしを助けてくれると思いますよ。