浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年07月06日
14 view

マンション管理を始める前に市場情勢を確かめよう!



昔から現在まで、マンション管理市場は広く、一般の方でもマンション管理を始めることができるようになっています。しかし、マンション管理も経済です。きちんと市場があり、数少ない入居者をめぐって日々マンション管理市場が動いています。現在、マンション管理市場はどのような情勢になっているのでしょうか。また、今後マンション管理市場はどのように動いていくと予想できるのでしょうか?

 

マンション管理市場は縮小傾向?

マンション管理市場は様々な原因で縮小傾向にあります。例えば、近年の人口減少、都市への人口集中によるものです。一人暮らしで賃貸を借りるという方も増えていますが、その分家族向けの分譲マンションのニーズは少しずつ落ちてきています。
また、マンション管理市場は現在大手管理会社に集約されつつあります。三菱、三井、東急と言った大手管理会社が代表的かとは思いますが、どんどん市場に大手会社が参入しており、マンション管理を小規模で行っていくことは難しくなってきました。大手企業という安心感や社会保険の適応拡大によって中小会社、個人のマンション管理はコストがかかるようになってきているのです。

 

マンション管理市場は今後どうなっていくの?

マンション管理市場の今後を考えるうえで考えなければいけないのがやはり少子高齢化です。先ほども述べましたが、子供世帯が少なくなること、そして高齢者が増えることで引っ越しが少なくなってくるということは考慮しなければいけない問題であると思います。しかし、マンション管理の仕事はただ入居者の募集、管理をするだけではありません。物件の設備管理、駐車場経営など、マンション管理人でなければいけない仕事がまだまだたくさんあります。マンション管理市場が縮小していても未だなお根強い人気があるのは新築マンションです。さらに、東京周辺の関東であればマンション管理市場の競争が盛んでありまだまだ未来のある市場と言えるでしょう。

 

まとめ

マンション管理市場は大手会社に集約されつつありますが、未だに大金が動く夢のある市場です。マンションのオーナーというだけで夢が溢れる言葉だと思います。さらに、マンション管理市場はマンションの数に比べて手薄であるということも言えるかと思います。まだまだマンション管理市場のニーズは高いので、興味がある方はぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。