浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年07月05日
14 view

マンション管理の未来と浮き彫りになった課題とは?



求人などで、マンション管理者募集の広告を目にしたことはありませんか?副業としてマンション管理に手を出しているという方もたくさんいらっしゃるかと思います。マンション管理業界の課題とはどのような点にあるのでしょうか。また、マンション管理は今後どのようになっていくのでしょうか。

 

マンション管理の課題①修繕費

マンション管理を行っていくうえで課題として浮上してくるのが、修繕費です。地震大国の日本ですから、耐震面も含むマンション管理は重要です。2000年に耐震基準が改定され、多くのマンションが建て直し、修繕となってしまったことは覚えている方もいらっしゃるかと思います。基準は時間がたつごとに変わっていくものですから、マンション管理においては「修繕費」が課題になってくるかと思います。耐震工事など大規模なものは国、市町村が負担してくれるものもありますが、もちろん管理者側が支払わなければいけない修繕費もたくさんあります。特に築年数を重ねてきたマンション管理を行う場合は修繕費が課題となります。古いマンションであれば必ず改善しなければいけない部分が多く出てきます。これからマンション管理を始めてみたいという方は、修繕費など諸費用も考えて初めて見るのがいいかもしれませんね。

 

マンション管理の課題②人口減少

マンション管理において今後課題になってくるのが人口減少です。特に、若い世代の人口が減少してくるということはマンション管理の今後を考えるうえで避けては通れない課題です。新築、デザイナーズマンション、フリーレント式のマンションなど様々な特典の付いたマンションも増えてきています。マンション管理は入居者がいないことにはうまく回っていきません。若い世代に魅力を感じさせるようなマンション管理ということを考えていくのが、マンション管理市場を生き残っていく課題になるのではないでしょうか。人口減少はそのまま入居者の現象とも言い換えることができます。時代の変化に対応したマンション管理が今後の課題になってくると思います。

 

まとめ

今回は、マンション管理における課題を2つご紹介しました。マンション管理は、大きなお金が動く一大ビジネスです。始めるからにはぜひ成功させたいものですよね。マンション管理を上手く回すコツは時代の変化に合わせた課題を見つけていくことなのではないでしょうか。マンション管理はただ家賃や入居者の管理をするだけではなくマンション自体を住みやすい環境にしていくことも重要な課題なのです。