浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年06月21日
16 view

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩みとは?



マンション管理をするということは、常に多くの悩みと闘い続けることでもあると言えます。
多くのマンションオーナーを困らせるマンション管理の悩みには、一体どんなことがあるのでしょうか?
解決するための行動も合わせて、悩みの一部を紹介します。

 

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩み①

マンション管理における代表的な悩みとして、「家賃の滞納」が挙げられます。
1度家賃を滞納してしまった居住者は、滞納分を支払った後も、また同じように滞納する可能性が高いです。
マンションのオーナーにとって、家賃を滞納されるというのは1番迷惑な行為だと言えるでしょう。
居住者からの家賃収入で生計を立てているのは当然のこと、もし家賃を滞納されてオーナーの手に渡らなくても、「未収金」という扱いでオーナーの利益に反映されてしまうのです。
オーナーは手元にないお金にまで税金を支払わなくてはいけないので、たまったものではありません。
ただ家賃の滞納に関しては、「早く払ってほしい」と伝えるだけでは解決しにくいでしょう。
いくら滞納しているからと言って、居住者もないお金を支払うことは出来ません。
家賃を滞納している居住者には、なるべく早くオーナーや管理会社に相談してもらうような環境を提供するべきでしょう。
また、もし法的手続きを取らなくてはいけない場合、法的手続きの費用は管理費から捻出されることになるので、費用は慎重に確認しなくてはいけません。

 

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩み②

マンションのオーナーを困らせるマンション管理の悩みとして、意外に多いのが「自転車置き場の管理」です。
駐輪場に自転車が溢れ、停めるスペースがほとんどないマンションを、誰もが1度くらいは見たことがあると思います。
マンションの駐輪場に自転車が溢れる最大の原因は、「放置自転車」です。
すでにマンションから退去している方の自転車が残っていたり、すでに故障している居住者の自転車が放置されていたりというケースが多く見られます。
これらの使用されていない自転車を処分する際は、防犯登録がされているかをまずチェックします。
防犯登録がされているものに関しては、警察に1度連絡を入れないと処分することは出来ません。
ワンルームマンションであれば、特に駐輪スペースを設けず、各部屋の前に駐輪を許可するというのも効果的です。

 

まとめ

今回紹介したマンション管理における悩みは、ほんの一部です。
マンションのオーナーになってみなければ分からない細かい悩みを挙げ出すと、枚挙にいとまがありません。
オーナーはマンション管理における悩みを蓄積させずに、1つずつ向き合って解決していくことが大切です。