浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年05月31日
30 view

賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるためのノウハウを身に付けよう



賃貸管理をするオーナーは、空室対策やトラブルの解決などに追われるほど忙しくなるケースもあります。
ただ賃貸管理をする以上は、居住者と良好な関係を築くためのノウハウも学ばなくてはいけません。
どうすれば、賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるのでしょうか?
具体的なノウハウを解説します。

 

賃貸管理をするオーナーが学ぶべき居住者に好かれるためのノウハウ①

居住者と良好な関係を築くためには、まず賃貸管理のオーナーという仕事を「サービス業」だと思う所から始めましょう。
賃貸管理はもちろん厳密に言えば不動産業に含まれますが、「部屋を貸す仕事」という感覚を持っているようでは、居住者に好かれるためのノウハウを養えません。
居住者に対して、「自分の物件に住んでもらっている」という気持ちを忘れてはいけないのです。
入居者の立場に立って物事を考えることこそ、サービス業としての賃貸管理のあるべき形だと言えるでしょう。
もちろんサービス業と言っても、応えられる居住者の要望には限界があります。
ただ設備の修理やメンテナンスなど、居住者が求めていることをしっかりとこなしていくオーナーは、必ず居住者と良い関係を築くことが出来るでしょう。

 

賃貸管理をするオーナーが学ぶべき居住者に好かれるためのノウハウ②

賃貸管理をするオーナーは、居住者に好かれるために「臨機応変な対応が出来る」というノウハウも身に付ける必要があるでしょう。
自分自身で、賃貸管理を成功させるための明確なビジョンを持つことは良いことです。
しかし時代の流れや居住者の層を考えた対応をしないと、ただの「頑固」という言葉に変わってしまいます。
今の時代、オーナーに求められる対応とは何なのかを把握し、柔軟な頭で賃貸管理をしていれば、必ず需要と供給が一致する理想的な関係が築けるはずです。
例えば、オーナーが自身の物件のリフォームを考えているとします。
それも自身の独断で行うのではなく、必ず時代の流れに精通し、居住者のニーズを理解している管理会社に相談してから行いましょう。
「自分の考えは正しい」と思い込んでリフォームをしたとしても、それで入居者が集まらなかった場合はただの無駄な支出です。
正しい賃貸管理の方法というのは、時代の変化に合わせて日々移ろうものなのです。

 

まとめ

賃貸管理をするオーナーは居住者に好かれるためのノウハウを身に付けることで、自身の物件を退去者が出ない理想的な物件に近づけることが出来ます。
もし自分の仕事で手一杯になっていたとしても、居住者への細かい気配りを忘れてはいけません。
1回の挨拶だけでも、居住者に好かれるオーナーに大きく近づけることを意識しましょう。