浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年05月15日
629 view

マンション管理人がストレスに思う事ランキング



どんな仕事においても、ストレスは避けては通れないものであり、それが積み重なると大きな負担になります。
ではマンションの管理人として働く方は、どのような部分でストレスを感じているのでしょうか?
わかりやすくランキング形式で解説しますので、管理人になることを検討している方はぜひ参考にしてください。

第6位:給与に納得がいかない

マンションの管理人として働く方の多くは、50~60代の方です。
なぜかと言うと、これまで別の仕事をしていた定年退職の近い方が、比較的身体への負担が少ないとされるマンションの管理人に転職するというケースが多いためです。
ただ企業に属するマンションの管理人になる場合、正社員として雇用されるケースはそれほど多くありません。
したがって、“給与が思ったより少ない”と感じる方が多く、それが大きなストレスに繋がっているというケースが度々見られます。

第5位:思ったより身体への負担が大きい

先ほど、マンションの管理人は比較的身体への負担が少ないという話をしました。
確かにマンションの管理人は、管理人室で事務作業をしているようなイメージがありますが、実際の仕事はそれだけではありません。
例えば建物の清掃や設備の点検など、身体をしっかり動かして行うような仕事もあります。
また規模の大きいマンションであれば、清掃や点検だけで午前中の仕事が終わってしまうことも珍しくありません。
したがって、比較的身体への負担が少ないとはいえ、どうしてもある程度は負担がかかることになるのです。
マンションの管理人の中は、このような仕事内容に対して、“思ったより身体への負担が大きい”と感じ、ストレスに繋がっている方もいます。

第4位:孤独が辛い

マンションの管理人は、受付や点検、清掃や報告連絡などの業務を行います。
受付業務では、入居者の要望やクレームなどに対応するため、ある程度人とコミュニケーションを取る機会はあります。
ただそれ以外の仕事に関しては、基本的にすべて1人で行います。
複数の管理人が日替わりで出勤することはありますが、複数の管理人が仕事を分担して行うというケースは、一部の大規模なマンションでしか見られません。
つまりマンションの管理人は、孤独感に耐えられる方しか務められないということです。
孤独感に耐えられない方がストレスを感じてしまい、結局退職してしまうというケースも少なくありません。

第3位:面白さややりがいを感じない

マンションの管理人にはさまざまな仕事があり、すべての仕事を終業時間までに終わらせる必要があるため、決して楽ではありません。
ただ1つ1つの仕事は、1度コツを掴んでしまえば、それほど難しいものではありません。
したがって仕事に慣れれば慣れるほど、ゆっくりする時間を設けやすくなります。
ただマンションの管理人の中には、仕事に面白さややりがいを強く求める方もいます。
もちろんマンションの管理人にも面白さややりがいはありますが、それほど難しくない業務が多いため、面白さややりがいを感じることができず、それをストレスに感じているという方もいます。

第2位:コミュニケーションがうまく取れない

マンションの管理人の仕事は基本的に1人で行われますが、先ほども触れたように、ある程度人とコミュニケーションを取る機会はあります。
入居者はもちろん、管理会社やマンションに出入りする業者などともコミュニケーションを取ることになるため、マンションの管理人には必ずコミュニケーションスキルがないといけません。
ただこれほどコミュニケーションを取る機会があるとは知らず、“1人で黙々とできる仕事”だと認識していた方は、このようなコミュニケーションがストレスになってしまいます。
マンションの管理人は、“入居者に快適な暮らしを提供する”という重要な役割を担っています。
したがって、自身がコミュニケーションスキルを高めることで、初めて入居者に良い環境を提供できるということを理解しなければいけません。

第1位:クレーム対応が辛い

“クレーム対応が辛い”というストレスは、もっともマンションの管理人が抱えることの多いストレスだと言っても過言ではありません。
例えば、建物や設備の不具合に対するクレームであれば、まだ“仕事だから”と割り切って対応できる方が多いようです。
ただ入居者の中には、非常識で理不尽なクレームを入れる方もいます。
場合によっては“賃料が高い”など、マンションの管理人には対応できないようなクレームを入れられることもあります。
このような非常識で理不尽なクレームに対しても、“仕事だから”と割り切ることができなければ、なかなかマンションの管理人として働き続けるのは難しいでしょう。

まとめ

マンションの管理人がストレスに思うことをランキング形式で解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
これから管理人になることを検討している方は、上記のようなことが原因で、ストレスを感じる可能性があることを留意しておきましょう。
あらかじめどんなことがストレスになるのかを知っておくだけでも、実際マンションの管理人になったときの負担は多少軽減されます。