浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年05月07日
36 view

順天堂大学医学部付属浦安病院もあり、眼科系診療所も豊富



皆さんは、千葉県浦安市と聞くとどのようなイメージを抱きますか?
“海沿いでディズニーリゾートのある街”、“観光の街”と思っている人が多いかもしれませんね。

しかし、それだけではありません。
実は浦安市には沢山の病院施設があり、子育て世代を中心とした、働き世代のベッドタウンとして大変人気のある街なのです。
ここでは順天堂大学医学部付属浦安病院もある千葉県浦安市について、眼科を例に病院数をみていきましょう。

眼科が豊富な浦安市

日本医師会のホームページに掲載されている地域医療情報システム(JMAP:Japan Medical Analysis Platform)によると、千葉県浦安市の眼科系診療所は9ヶ所あり、人口10万人当たりの眼科系診療所数に換算すると5.49となります。

これは千葉県全体の人口10万人当たりの眼科系診療所の数5.39という値を上回っています。
ちょっとした眼のトラブルやコンタクトレンズ処方などで利用することも多い眼科が市内に豊富にあるというのは、ベッドタウンとして浦安市が人気な理由の一つなのでしょう。

浦安市にある医学部付属病院

ところで皆さんは、順天堂大学医学部附属病院はご存知ですか?
実は、順天堂大学医学部付属病院の1つが千葉県浦安市にあるのです。

順天堂大学医学部付属浦安病院の眼科は、昭和59年5月16日の開院以来、非常に多くの患者の治療に携わってきました。
とても実績のある大学病院の診療科ですよね。

したがって、もしも重症の眼の病気が見つかった場合も、わざわざ都心の大学病院まで行く必要はなく、浦安市内にある大学病院に通院・入院できるので、とても安心ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回、眼科という身近な診療科を例に、千葉県浦安市の病院の豊富さについてご紹介しました。

市内には順天堂大学医学部付属浦安病院があり、中でも眼科は市内9ヶ所の眼科系診療所と連携をとりながら、市民の健康をサポートしています。
浦安市は、ベッドタウンとして今なお高い人気を集めている都市ですが、市内の眼科系診療所の数や大学病院の存在という観点から見ても、利便性の高さがうかがえます。

“眼は一生もの“とはよく聞きますが、浦安市には9ヶ所も眼科系診療所があるので、ちょっとした眼の異変で受診できる他、コンタクトレンズの相談もできます。
きっと、あなたに合った”かかりつけ眼科”が見つかることでしょう。
また、重症の際は市内の順天堂大学医学部付属浦安病院もあるので安心ですね。