浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年04月26日
59 view

管理会社はクレーム対応が主な業務ではないって本当なの?



賃貸物件のオーナーを目指している方は、管理会社が得意な業務、不得意な業務について知っておく必要があるでしょう。
管理会社における評価で、「クレームの対応が悪い」という声をちらほら聞くことがありますが、管理会社の主な業務は実はクレーム対応ではないのです。

 

管理会社の主な業務って?

管理会社の主な業務は、事務作業やルーティーンワークです。
例えば賃貸物件のエレベーターの点検、管理費の徴収などの経理業務を主な業務としているのです。
クレームに対応したり、解決策を提案することを得意としているのは、マンション管理のプロである「マンション管理士」なのです。
従って、クレーム対応に重点を置いているオーナーさんは、マンション管理士のいる管理会社を選択すると良いでしょう。

 

事務作業やルーティーンワークが迅速なところは優良な管理会社

管理会社の主な業務は、上述したように、あくまで事務作業やルーティーンワークです。
従って、事務処理が正確でスピーディな管理会社、ルーティーンワークの精度が高い管理会社は、優良な管理会社だと言えるでしょう。
もし管理会社において事務作業やルーティーンワークの対応が遅い場合には、それは良い管理会社ではない、という判断になります。

 

フロント担当者によって管理会社の優劣は大きく変わる

管理会社には、フロント担当者という立場の方がいます。
フロント担当者は、管理会社における理事会や総会などでアドバイスを行う重要なポストです。
フロント担当者が優秀な管理会社は、何かにつけて適切な対応が迅速で、総会の進行もスムーズです。
ただフロント担当者のレベルが低い場合、管理会社の方針が上手くまとまらなかったり、個々の意見が伝わっていないという状況になることもあります。
その際には、賃貸物件の住民は管理会社のフロント担当者を変更してもらうことが出来ます。
オーナーさんはこのことをしっかり住民に伝え、住民はより良い生活環境を求める権利があるのだということを認識させてあげましょう。

 

まとめ

クレーム対応に重点を置いているオーナーさんは、マンション管理士のいる管理会社を選択するといいでしょう。
管理会社の主な業務は、事務作業やルーティーンワークである為、その辺りをきちんと理解しなければいけません。
住民に少しでも長く入居してもらう為には、住環境を整えるべく、自分の理想にマッチした管理会社選びが大事になってくるのです。