浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年04月19日
58 view

管理会社が対応している、よくある賃貸管理トラブルを紹介します



賃貸管理会社は、賃貸物件のオーナーに変わって様々な賃貸管理トラブルに対応してくれます。
賃貸管理トラブルには、どんなものが多いのでしょうか?
今回は特によく起こる賃貸管理トラブルを紹介します。

 

よくある賃貸管理トラブル①家賃の滞納

家賃の滞納は、非常によくある賃貸管理トラブルです。
ただ家賃の滞納にも様々な理由があり、うっかり引き落とし口座にお金が振り込まれていないだけという場合もあります。
そのような場合は契約者にお金を振り込んでもらうか、振込用紙での支払いを伝えるだけなので、大きな賃貸管理トラブルにはなりません。
ただ意図的に家賃を滞納していたり、経済状況が厳しくてなかなか家賃を支払えないという方もいます。
そのような場合でも、賃貸管理会社はなるべく早く契約者に家賃の支払いをするように促します。
場合によっては契約者の部屋を訪れる場合もあり、支払いが完了するまで何度も足を運ぶこともあります。

 

よくある賃貸管理トラブル②水回りのトラブル

水回りのトラブルも、発生やすい賃貸管理トラブルの1つです。
例えばお湯が出ないというトラブルが発生した場合は、給湯器に問題がある可能性があります。
この故障に対する対応が遅れてしまうと、契約者はお風呂に入ることが出来ません。
場合によっては、銭湯に行くための費用やホテルに泊まるための費用を請求されてしまうこともあります。
賃貸管理会社は各設備の年式や型番を控えておくことで、賃貸管理トラブルが起きてもスムーズに対応出来るように準備します。

 

よくある賃貸管理トラブル③騒音問題

賃貸物件は数々の価値観を持った人が生活しているため、騒音に関するトラブルも非常に多いです。
最初はそれほど気にならないかもしれませんが、隣や上下の部屋から毎日のように騒音が聞こえてくると夜に安眠できなかったり、生活にも支障が出てきます。
賃貸管理会社はまず騒音の頻度や大きさ、時間帯などの情報を契約者から聞き出します。
そこから解決に向けて調査をするのですが、戸数が多い賃貸だとどこから騒音が発されているのかとても分かりにくいです。
上の部屋から聞こえているように感じても、いろんな所から音は反響するのですぐに断定することは出来ません。
賃貸管理会社は張り紙などをして騒音に対する注意を促したり、それでも解決しない場合は直接近隣の契約者に騒音の情報を聞いて回ることもあります。

 

まとめ

賃貸管理トラブルにおいて1番重要なのは、「迅速な初期対応」です。
トラブルが発生した初期の段階で正しく迅速に対応していれば、大きなトラブルには繋がりにくくなります。
各トラブルに備えて、賃貸管理会社は対応をしてくれるのです。