~お任せ新浦安賃貸情報~
清田不動産
更新日: 2018年04月10日
18 view

ここに注目!効率的な管理会社の選び方のポイントを紹介します



オーナーさんは管理会社に賃貸管理を委託する場合、どのような点をチェックして選べばよいのでしょうか?
管理会社の選び方は、管理会社にどこまで委託するかによって変わってきます。
効率的な管理会社の選び方と、委託のパターンを解説します。

 

管理会社を選ぶときにチェックするポイントは?

管理会社を選ぶときは、単純にコマーシャルしているような規模の大きい管理会社を選べばいいという訳ではありません。

確かに大手管理会社は、その実績からも判断できる様に、優秀な人材をたくさん抱えており、満足度の高いサービスを提供してくれる事は容易に想像がつきます。
ただ、それとオーナーさんが希望する管理会社は必ずしも一致するとは限らないのです。

従って、おすすめの管理会社は、「オーナーさんの希望する委託内容に強みのある管理会社」で、それが1番理想的な選び方でしょう。
それが結果的に大手の管理会社であるならば、それは全く問題ないのです。
要は、大手だからという理由で安易に管理会社を決めてはいけない、という事なのです。

 

管理会社の選び方が理解出来たら・・・

管理会社の選び方が理解出来たら、次は管理会社とどのように付き合っていくかを決めましょう。
どのように付き合っていくかというのは、どんな業務を管理会社に委託するかということです。
パターンをいくつか紹介しましょう。

・一般媒介
賃貸管理はオーナーさんが全て行い、入居者の募集業務だけを管理会社に委託するというパターンです。
複数の管理会社に分散して、入居者の募集を委託することも可能です。

・専任媒介
入居者の募集業務を、1つの管理会社に絞って委託するパターンです。
1つの管理会社との契約なので、上手く友好関係を築ければイレギュラーな問題にも対応してくれる可能性があります。

・集金管理専任媒介
入居者募集業務だけでなく、家賃の集金業務も管理会社に委託するパターンです。
入居の契約や家賃の管理、入居者が退去したときの敷金の精算など、様々な業務を管理会社が代行してくれます。
従って、オーナーさんにかかる負担が非常に少なくなります。

 

まとめ

管理会社は20年、30年と付き合っていくこともあるので、選び方を間違えてはいけません。
例え賃貸物件に空室が多くても、焦って集客だけ増やすようなことはないようにしましょう。
様々な角度から委託先の管理会社を分析しないことには、オーナーさんに明るい未来は待っていません。