浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年04月02日
49 view

マンション管理の仕事には一体どんなきついことがあるの?



マンション管理の仕事をしている方は、どんなことをきついと感じることが多いのでしょうか?
これから賃貸物件のオーナーになろうとしている方は、マンション管理の仕事にはどんなきつい仕事あるのか、しっかり把握しておかなくてはいけません。

 

マンション管理はここがきつい!①クレーム対応

マンション管理において1番きついことは、やはり住民のクレームに対応することでしょう。
身体的な負担は比較的少ないと言われるマンション管理ですが、仕事のきつさの多くはこのクレームに対する精神的なきつさです。
住民とオーナーとの間で解決出来る問題ならまだいいのですが、クレームの内容によってはオーナーだけの権限では解決出来ない場合もあります。
また住民同士の揉め事の仲裁に入らないといけないこともあります、
様々な性格、年代、性別の方が住んでいる訳ですから、中には自分と相性が合わない住民もいるでしょう。
そういった場合も、対処すべきクレームには全員公平に対応するコミュニケーション能力が必要です。

 

マンション管理はここがきつい!②住民への細かい気配り

賃貸物件のオーナーとして成功したいのであれば、住民へ細かく気配りをして稼働率を上げなくてはいけません。
もちろんオーナーと住民の間にも規則というものはありますが、何でも「規則だから」と住民に対して冷たく対応する様なことをしてはいけません。
例えば、賃貸物件の大規模な修復工事が行われる際に、住民はベランダに置いてある植木などを移動させなくてはいけません。
賃貸物件の修繕費用にはベランダにある私物の移動・撤去代は含まれていないため、基本的には住民が撤去するか、室内で保管することになります。
細かい気配りが出来るオーナーはこのような場合、賃貸物件の共有スペースを一時的な植木の保管場所として使用し、住民の代わりに水やりをするということもあります。
このような細かい気配りを常に心掛け、住民に「この物件にずっと住みたい」と感じてもらわなければいけません。
コミュニケーション能力が乏しい方は、住民にとって住みやすい環境を作ることがきついと感じる場合も多いです。

 

まとめ

マンション管理は身体的にきついというよりも、精神的にきついと感じることがある仕事です。
ただ、コミュニケーション能力を磨き、住民から感謝されるような環境づくりが出来るようになれば、それが大きな仕事のやりがいにも繋がります。
きついと思うことをどれだけやりがいに変えられるかというのが、マンション管理という仕事を成功させる1つのポイントだと言えるでしょう。