浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2021年01月28日
15 view

防犯性の高い賃貸物件に住みたい方が押さえるべきポイント



防犯性が高い賃貸物件といえば、やはりオートロック付きの物件や2階以上にある物件、ホームセキュリティが設置された物件などが挙げられます。
ただ、より防犯性を重視するのであれば、他にも押さえるべきポイントはたくさんあります。
詳しく解説しますので、1人暮らしの女性などは特に目を通していただきたいと思います。

交番が近い

防犯性の高い賃貸物件に住みたい方が押さえておきたいポイントとして、まず“交番が近い”ということが挙げられます。
交番がすぐ近くにあれば、やはり空き巣などは警戒し、なかなかその物件に侵入できなくなります。
よって、賃貸物件探しをする際には、まず近くの交番についてチェックし、入居する前に、夜間でも警察官が常駐しているケースが多いかどうかを確認しましょう。

大通り沿いにある

防犯性の高い賃貸物件に住みたい方が押さえるべきポイントには、“大通り沿いにある”ということも挙げられます。
大通り沿いは、基本的に夜でも明るいですし、人通りや交通量も多いです。
よって、何か事件に巻き込まれた場合でも、すぐ外にいる方に助けを求められる可能性が高いです。
もちろん、その分多少騒々しさを感じることはあるかもしれませんが、閑静な住宅街にはない安心感を得ることはできます。

ベランダが侵入しにくいところにある

防犯性の高い賃貸物件に住みたい方が押さえるべきポイントとしては、“ベランダが侵入しにくいところにある”ということも挙げられます。
賃貸物件の1階は、ベランダからの侵入が危惧されるため、あまり防犯性が高くないとされています。
ただ、たとえ2階以上であっても、1階部分から容易に登れるような場所にベランダがある場合、侵入される可能性はゼロではありません。
一方、ベランダの下が斜面になっていたり、すぐ真下にコンビニなどの店舗があったりする物件の場合、よほどのことがない限り、侵入されることは考えにくいです。

隣にオーナーが住んでいる

より防犯性を重視して賃貸物件を選びたい方は、すぐ隣にオーナーが住んでいる物件に住むのも良いでしょう。
賃貸物件のオーナーには、入居者の快適な生活環境を維持する義務があるため、隣の住戸にいればとても安心できます。
また、すぐ隣ではなくても、同じ建物内にオーナーがいるということだけで、困ったときには頼ることができます。

バス停が近い

防犯性の高い賃貸物件に住みたい方が押さえるべきポイントには、“バス停が近い”ということも挙げられます。
バス停が近くにある場合、職場から帰宅する際に利用すれば、夜道を歩く時間を減らすことができます。
もちろん、通勤時や帰宅時にバスを利用できない方もいるかもしれません。
ただ、バス停がすぐ近くにある賃貸物件は、乗降客などの目に付く可能性が高いため、それだけも空き巣などに狙われる心配は少なくなります。
ちなみに、これは電車の駅が近い賃貸物件にも言えることです。

まとめ

防犯性の高い賃貸物件への入居を希望する方は、できる限り前述の条件を満たした物件を探しましょう。
すべてをクリアする物件はなかなか見つからないかもしれませんが、少しでも事件に巻き込まれる可能性を下げるのは大事なことです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。