浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2021年01月15日
13 view

カップルにおすすめの間取りを状況別に紹介します



カップルに向いている賃貸物件の間取りには、さまざまな種類があります。
具体的には、1DK、1LDK、2DK、2LDKの4つです。
また、カップルの状況や考え方によって、おすすめの間取りは変わってきます。
詳しく解説しますので、これからまさに同棲を始めようとしているカップルは、ぜひ最後までご覧ください。

賃料を極力抑えたいカップルにおすすめの間取り

できる限り賃料を抑えたいカップルにおすすめの間取りは、なんといっても1DKです。
2人暮らしの間取りとしては、決して広くはありませんし、プライベートな空間はなかなか確保できませんが、部屋の仕切りを開放しておけば、全体的な狭さを感じることはほとんどないでしょう。
また、1LDKは、他のカップル向けの間取りよりも賃料が安いことが多いです。
これは、単に広くないことだけでなく、築年数が経過している物件が多いことも1つの理由です。

親密度をアップさせたいカップルにおすすめの間取り

親密度をアップさせたいカップルにおすすめの間取りは、1つの部屋とリビングダイニングキッチンがある1LDKです。
イメージとしては、1DKがそのまま広くなったようなイメージで、1つ1つのスペースの面積も広めです。
よって、同じ空間にいてもゆったりできるため、常に一緒にいたいカップルはとても過ごしやすさを感じるでしょう。

プライベートを重視したいカップルにおすすめの間取り

2人の時間だけでなく、1人の時間も重視したいというカップルにおすすめの間取りは、ダイニングキッチンの他に部屋が2つ完備された2DKです。
ダイニングキッチンが広めで、食事を摂るスペースを確保できるのであれば、1人1人がプライベートな時間を過ごす個室を確保できます。
また、1LDKや2LDKと比べると、2DKの物件数はそれほど多くありませんが、賃料は比較的安いため、掘り出し物件が見つかる可能性も十分あります。

結婚を前提に同棲するカップルにおすすめの間取り

結婚を前提に同棲するカップルにおすすめの間取りは、なんといっても広々とした2LDKです。
2LDKは、十分な広さ(10畳以上)のリビングダイニングキッチンと、2つの個室が完備された間取りです。
2人暮らしの間は、リビングダイニングキッチンで2人の時間を過ごし、2つの個室を1人ずつ使えます。
また、子どもが生まれても十分な生活できるスペースがありますし、子どもが1人の場合は、大きくなったときに個室を与え、もう1つの個室を夫婦の寝室として使うことができます。
つまり、2LDKは、結婚してもしばらく間住み続けられる間取りということです。

カップルに必要な設備について

カップルの方が賃貸物件を選ぶ場合は、できる限り以下の設備のある物件を選びましょう。
そうすれば、より快適な暮らしを実現できます。

・広い収納スペース
・2口コンロ
・独立洗面台
・広いシューズボックス
・広いベランダ、バルコニー
・物干し竿を2本設置できる物干し台

まとめ

ここまで、カップルの状況、考え方などに合ったおすすめの間取りを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
同棲が決まった段階から、お互いが入居先に何を望むのか話し合っておけば、物件探しはスムーズに進みます。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。