浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2018年03月22日
20 view

マンションのオーナーと管理会社は互いに欠かせない存在



突然ですが、これからマンションの賃貸経営をしようという方はいませんか?
また、そのような方は実際にどのように管理を進めていこうか、しっかりとイメージしていますか?

マンション買って…共用部分を清掃して…こんな感じだよね?
このように、マンションの賃貸経営を軽く考えていないでしょうか。

実は、マンションのオーナーとなり、自主経営しようするのはとても大変なことなのです。
大規模マンションなら、オーナーが管理会社に業務委託するのは当たり前です。

では、業務委託する管理会社の良し悪しってあるのでしょうか?
そこで今回は、マンションのオーナーになろうというあなたのために、管理会社の選び方を紹介していきたいと思います。

 

目的に合った管理会社を選ぼう

まず大切なのは、1社だけをみて決めてしまうのではなく、管理会社候補を複数ヒアリングして、目的に合った管理会社を選ぶことです。

そのためには、オーナーとして、あなたがそのマンションをどのようにしていきたいのか、その指針が重要となります。

入居付けに強い会社が良いのか、24時間の不測事態対応サービスのあるところが良いのか、丁寧にトラブル対処にあたってくれる会社が良いのか、フロントマンの質を重視するのか。
全てはあなた次第です。

オーナーとして自分が管理会社に何を期待するのか?ということを明確にして、管理会社を選ぶということが重要なのです。

 

レスポンスが早い管理会社を選ぼう

マンションの設備が故障してしまったり、住民間でのトラブルが発生した場合には迅速に対処してくれる管理会社を選びましょう。
不足事態が起こっても、なかなか対応に時間かかるとオーナーのあなた自身の信頼が失われてしまうからです。
オーナーがして欲しい対処を、スピード感を持ってしてくれる管理会社がベストといえます。

では、そのような管理会社を管理を依頼する前に見極めるポイントってあるのでしょうか。
それは、メールや電話のレスポンスが早いかどうか、ということです。
普段のメールや電話のレスポンスが早いと、トラブルの対処も迅速にしてくれる管理会社であることが多いです。

業務を委託する前に、その管理会社がメールや電話のレスポンスが早いかどうかを、確認しましょう。

 

家賃滞納問題に対する解決力をみよう

家賃滞納で悩むマンションは意外に多いです。
そのような時、管理会社に業務委託している場合には、オーナーと住民との間に管理会社が入って対応してくれます。

そこで管理会社の対応が失礼だったりすると、オーナーのあなたの印象も悪くなります。
ですが、物腰がやわらかすぎて、滞納しているのになかなか家賃を払ってもらえないのも考えものです。

管理会社を選ぶ際には、滞納問題の解決に向けて、具体的にどのような取り組みをするのか、督促期間や督促方法など、詳細を確認しておくべきでしょう。

 

まとめ

ここまで、マンションのオーナーになろうというあなたにむけて、より良い管理会社の選び方を話してきましたが、いかがだったでしょうか。

管理会社の良し悪しというものが、わかってきたでしょうか。

オーナーとなり、マンションを賃貸経営する上で欠かせないのが管理会社の存在です。
あなたが理想とするマンションを実現してくれる、サポートしてくれる管理会社を選びましょう。