浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年12月29日
7 view
NO IMAGE

賃貸物件への引っ越しを自力で行うという選択肢について



賃貸物件への引っ越しを自力で行うメリット

賃貸物件への引っ越しを自力で行うメリットといえば、やはり“コストを抑えられる”という点でしょう。
業者への依頼料を丸々カットできる上に、自家用車を所有する方であれば、基本的に荷物の梱包にかかる費用とガソリン代しか用意する必要はありません。
レンタカーを借りるケースであっても、トータルでかかる費用は20,000~30,000円程度で済むでしょう。
また、自力引っ越しの場合、いつでも好きな日時に引っ越しができますし、業者に気を遣うこともありません。
普段仕事などで忙しい方にとっては、これも大きなメリットと言えるでしょう。
その他、友人の力を借りて自力引っ越しを行うケースでは、楽しく引っ越しができるというメリットもあります。

賃貸物件への引っ越しを自力で行うデメリット

しかし、賃貸物件への引っ越しを自力で行うことには、当然デメリットもあります。
まず、自力で引っ越しをする場合、業者に依頼するのと比べて労力は非常に大きくなります。
梱包資材の用意や荷造りはもちろん、搬出、運送、搬入、荷解きまで、すべて自分で行わなければいけないからです。
また、自家用車を持っていない場合は、当然レンタカーなどを用意しなければいけませんし、人手が足りなければ家族や友人に頼まなければいけないこともあるでしょう。
もっといえば、もし家族や友人が荷物を破損させてしまったとしても、業者に依頼する場合と違って当然保証などは受けられません。
その他、自家用車や借りられるレンタカーのサイズが小さい場合、それほど荷物が載らないため、何度も前住居と新居の間を行き来しなければいけないのもデメリットです。

引っ越しを自力で行わない方が良いケース

賃貸物件への引っ越しに関しては、自力で行わない方が良いケースがいくつか存在します。
具体的には、以下のケースです。

・車の免許を持っていない
・引っ越しにかかる時間をできるだけ短くしたい
・荷物を破損させたくない
・体力や力に自信がない
・前住居、新居の床や壁にキズを付けたくない
・周りに手伝ってくれる人がいない
・賃貸物件のルールで禁止されている など

中でも注目すべきは、“賃貸物件のルールで禁止されている”というケースです。
賃貸物件の中には、規約によって引っ越しを自力で行うことが禁止されている物件があります。
これは、荷物の運搬、落下に伴う共用設備の破損、住人同士のトラブル、他の住人のケガなどを防ぐために規定されていることが多いです。
よって、もし引っ越しを自力で行うのであれば、事前に賃貸借契約書の内容は確認しておきましょう。

まとめ

ここまで、賃貸物件への引っ越しを自力で行うという選択肢について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
費用を抑えたい方にとって、自力引っ越しは押さえておきたい選択肢の1つですが、正直自信を持っておすすめできるものではありません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。