浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年12月01日
5 view

“窓付き浴室”がある賃貸物件に入居するメリットについて



賃貸物件での生活において、リラックスできる時間を重視したいという方の中には、内見時に浴室を重点的にチェックする方もいるでしょう。
また、そんな浴室の重要なチェックポイントとして“窓”が挙げられますが、窓付き浴室がある賃貸物件への入居には、一体どんなメリットがあるのでしょうか?
詳しく解説します。

換気しやすくなる

窓付き浴室がある賃貸物件に入居するメリットとしては、まず“換気しやすくなる”ということが挙げられます。
「換気扇があれば換気できるのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、しっかりと換気をするには、“吸気”と“排気”の両方を行わなければいけません。
換気扇は、あくまで浴室の空気を外に出す設備、つまり排気設備であるため、窓を開けてその空気を入れないことには、換気ができたとは言えないのです。
また、窓を開けて正しい換気をすることによって、浴室内でのカビの発生、それに伴うニオイはかなり抑えられます。

高いリラックス効果が得られる

窓付き浴室がある賃貸物件に引っ越すメリットには、“高いリラックス効果が得られる”ということも挙げられます。
冒頭で少し触れたように、浴室は単に身体を綺麗にするだけの場所ではありません。
心身をリラックスさせることも、れっきとした浴室の役割です。
大きめの窓が付いている浴室であれば、開けながら入浴することで、露天風呂のような開放感や贅沢な気分を味わえます。

圧迫感を感じない

窓付き浴室がある賃貸物件に入居すれば、圧迫感を感じにくくなります。
これも大きなメリットと言えるでしょう。
窓が付いていない浴室は、扉側以外すべて壁に囲まれているため、圧迫感もしくは息苦しさを感じやすくなりますが、窓付き浴室はそのような悩みとは無縁です。
また、窓がない浴室の場合、電気を点けないと基本的には真っ暗ですが、窓付き浴室は昼間などに入浴するときに、太陽の光が浴室内を照らしてくれます。

窓付き浴室がある賃貸物件の注意点

窓付き浴室は、窓が付いていることによってさまざまなメリットを生み出してくれますが、注意しなければいけない点もいくつかあります。
1つは、防犯面での注意です。
特に低層階にある物件の場合、外部から浴室内を覗かれたり、窓ガラスを割られたりする可能性があります。
そのため、ある程度時間帯を考えて入浴したり、こまめに窓を閉めたりしなければいけません。
また、もう1つの注意点としては、掃除に関することが挙げられます。
窓付き浴室は、窓がない浴室と比べて掃除の手間がかかりやすいです。
なぜなら、窓ガラス部分やサッシ部分など、細かい汚れが入りやすい部分が増えてしまうからです。
ちなみに、浴室の窓は高めの場所に設置されていることが多く、これも掃除がしにくい理由の1つです。
よって、汚れが溜まらないように、こまめに掃除しておくことをおすすめします。

まとめ

ここまで、窓付き浴室がある賃貸物件に引っ越しメリットを見てきましたが、いかがでしたか?
浴室をチェックする際は、つい浴槽や浴室換気扇などに目がいきがちですが、より快適な物件に住みたいのであれば、窓があるかどうかも必ずチェックしましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。