浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年10月30日
6 view

賃貸物件のオートロックに関する疑問にお答えします



賃貸物件に付いていると嬉しい設備の1つに、“オートロック”が挙げられます。
特に、1人暮らしをする女性などにとって、オートロックは欠かせない防犯設備だと言えるでしょう。
今回は、そんなオートロックに関する疑問にお答えしますので、気になる方はぜひご覧ください。

引っ越し作業でオートロックは不便?

賃貸物件への引っ越しをする際、オートロックが付いていると不便だと思っている方もいるかもしれません。
なぜなら、オートロックは家の外に出るたび、開錠しなければいけないからです。
しかし、実際は引っ越し作業がしにくくなることはありません。
オートロックのドアには、オートロックを解除するボタンが付いています。
つまり、引っ越し作業をする際は開けたままにできるため、外に出るたび開錠しなければいけないというわけではないのです。
ただ、オートロックを解除したままにするのは、いくら引っ越し作業中とはいえ、防犯上あまり良くありません。
他の住人も、開けっ放しの状態になっていると良い気はしないでしょう。
したがって、引っ越し作業をする日時については、あらかじめオーナーや管理会社に伝えておくことをおすすめします。

入居時の挨拶はエントランスから?

オートロック付きの賃貸物件に入居した方は、エントランスから、つまりオートロックのドアの外側から、入居時の挨拶をした方が良いと思っている方も多いでしょう。
ただ、実際はこのようにする必要はありません。
なぜなら、この方法だと、挨拶と併せてタオルなどを配る場合に、エントランスから部屋に行き、またエントランスに戻らなければいけないからです。
よって、入居時の挨拶は、オートロックドアの内側、つまり玄関のチャイムを直接鳴らして行うことをおすすめします。
「〇〇号室に引っ越してきました〇〇です」と伝えれば、たとえ玄関から直接挨拶しても、怪しまれたり、怖がられたりすることはないでしょう。

オートロックは100%安全?

賃貸物件のオートロックは、非常に防犯性の高い設備ですが、100%安全かというと、決してそういうわけではありません。
オートロックのドアの上部には、センサーが取り付けられているのですが、ドアの隙間からチラシなどの紙を通し、そのセンサーに触れると、鍵や暗証番号がなくても開錠できてしまいます。
もちろん、エントランス付近には防犯カメラが設置されているケースがほとんどですが、この手口で部外者が侵入してしまう可能性はゼロではありません。
また、賃貸物件にオートロックが付いていたとしても、中から住人が出てくるタイミングで入れば、簡単に侵入できます。
もちろん、そのような行動を取る人物は怪しまれますが、戸数の多い賃貸物件などでは、部外者でも気づかれない可能性があるため、注意が必要です。
ただ、オートロックが付いていない賃貸物件よりもセキュリティ性が高いことは確かであるため、オートロック付き物件を選ぶに越したことはありません。

まとめ

ここまで、賃貸物件のオートロックに関する疑問にお答えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
オートロック付き物件に入居するなら、正しい使い方や注意点などについて、事前に押さえておくことをおすすめします。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。