浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年10月26日
3 view

勤務先に近い賃貸物件で生活することのメリットについて



賃貸物件探しの際、勤務先の場所を考慮した上で、住むエリアを決定する方は多いかと思います。
中には、勤務先に近いことを第一条件にしている方もいるでしょう。
では、勤務先に近い賃貸物件で生活することには、一体どんなメリットがあるでしょうか?
詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

勤務先に近い賃貸物件で生活する4つのメリット

勤務先に近い賃貸物件で生活するメリットには、主に以下の4つのことが挙げられます。

・朝ゆっくり寝られる
・満員電車のストレスがない
・家賃手当の対象になることがある
・昼休みに帰宅できる

朝ゆっくり寝られる

勤務先に近い賃貸物件で生活するメリットとしては、まず“朝ゆっくり寝られる”ということが挙げられます。
例えば、勤務先まで電車+徒歩合わせて1時間かかる人と、徒歩5分で到着する人を比べてみると、その差は歴然です。
また、勤務先に近いということは、終業から帰宅までの時間も早いということであり、勤務先から離れたところに住んでいる方と比べて、ゆっくりできる時間が長かったり、プライベートを充実させたりしやすいです。

満員電車のストレスがない

勤務先に近い賃貸物件で生活するメリットには、“満員電車のストレスがない”ということも挙げられます。
これは、勤務先まで電車に乗らずに通勤できる方の特権です。
通勤ラッシュの混雑時は、なかなか電車の席に座ることもできませんし、人が密集するため、夏場などは特にストレスを感じやすいです。
一方、徒歩で通勤できる場合、そのようなストレスとは無縁であるため、仕事の作業効率アップにも繋がるでしょう。
ちなみに、電車通勤の場合、事故や自然災害によって遅延が発生し、始業時間に間に合わなくなる可能性がありますが、徒歩の場合は寝坊さえしなければ、基本的に間に合わなくなることがありません。

家賃手当の対象になることがある

勤務先に近い賃貸物件で生活するメリットとしては、“家賃手当の対象になることがある”ということも挙げられます。
家賃手当は、勤務先から支給されるものであり、一般的には勤務先の近く(半径2km以内など)に住んでいる方でないと支給されません。
もちろん、規定は企業によって異なりますし、そもそも手当が受けられるかどうかもわかりませんが、気になる方は事前に勤務先に質問しておきましょう。

昼休みに帰宅できる

勤務先に近い賃貸物件で生活するメリットには、“昼休みに帰宅できる”ということも挙げられます。
昼休みに帰宅すれば、周りの目を気にせずにゆっくりご飯を食べたり、テレビを観賞したりすることができるため、大きなリラックス効果が得られます。
また、仮眠やシャワー、女性であれば化粧直しなどもできますし、なんといっても外食費を抑えられるのは大きなメリットです。
1食数百円程度の昼食代でも、1ヶ月単位になれば1万円以上になる可能性が高いため、支出を抑えられるという意味でも、勤務先に近い賃貸物件は魅力的だと言えます。

まとめ

ここまで、勤務先に近い賃貸物件で生活する主なメリットを見てきました。
今後もしばらく今の勤務先で働くつもりの方は、間違いなく近くのエリアで賃貸物件探しをするべきです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。