浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年10月24日
6 view

賃貸物件を退去する際の“掃除”に関するあれこれ



賃貸物件を退去する際には、当然部屋の中のものをすべて運び出します。
また、「部屋は退去時に掃除するもの」というイメージが強いですが、掃除を一切せずに退去することは、果たしてOKなのでしょうか?
また、掃除をするのであれば、どこを綺麗にすべきなのでしょうか?
詳しく解説します。

掃除をせずに賃貸物件を退去するのはOK?

結論から言うと、賃貸物件を退去する際は、必ず掃除をするべきです。
なぜなら、各箇所が汚れた状態のまま退去すると、返還される敷金の金額が下がってしまうからです。
また、敷金ゼロの賃貸物件の場合は、ハウスクリーニング代を請求される可能性もあります。
あまりにも汚れがひどい場合、クリーニング費用が高額になるおそれもあり、少し嫌な気持ちで退去しなければいけなくなるため、注意が必要です。
清掃業者のように完璧に部屋を綺麗にする必要はありませんが、ある程度ホコリや油汚れなどは落としてから退去しましょう。
もちろん、退去後には清掃業者がハウスクリーニングに入るため、入居者自身が費用を負担し、ハウスクリーニングを行う必要はまったくありません。

賃貸物件の退去時、掃除すべき箇所について

では、退去時に掃除しておくべき箇所には、一体どこが挙げられるのかを見ていきましょう。

・すべての部屋の床
床はハンディモップなどを使用し、ホコリや髪の毛などをある程度取っておきましょう。
特に、家具等を移動させた後の床は汚れがひどいため、しっかりチェックします。

・すべての部屋の壁
壁は触れた雑巾で拭く程度でOKです。
手が届かない壁の上部、天井などまで掃除する必要はありません。

・レンジフード(換気扇)
キッチンの上のレンジフードは、傘部分の汚れを濡れ雑巾、掃除用のウェットティッシュなどで拭き取ります。
換気扇の部分は汚れがなかなか落ちないため、そのままでも大丈夫です。

・コンロ
コンロの焦げ付きも、市販の洗剤などではなかなか取れません。
よって、跳ねた油などを軽く拭き取る程度でOKです。

・バスルーム
バスルームの排水溝に髪の毛、石鹸カスが溜まっている場合は取り除いておきましょう。
また、浴槽や壁も簡単に掃除しておくことをおすすめします。

・トイレ
トイレは便器の汚れ、床を軽く掃除しておきましょう。
尿石などの汚れは頑固なため、退去後に行われるハウスクリーニングに任せます。

・ベランダ
ベランダがある場合は、軽く掃き掃除をしておくことが望ましいです。

掃除を始めるタイミングについて

賃貸物件の退去に伴う掃除は、部屋から荷物をすべて運び出してからでOKです。
ただ、水回りの掃除に関しては、簡単なものであっても時間がかかることが予想されるため、退去日が決定次第取り掛かることをおすすめします。
また、荷物を運び出した後、すぐに退去の立ち会いというスケジュールにしてしまうと、掃除の時間が確保できないため、そこは管理会社との調整が必要です。

まとめ

ここまで、賃貸物件を退去する際の掃除に関することを解説してきました。
そこまで念入りに行う必要はありませんが、ある程度掃除をしてから退去した方が、入居者にとってはメリットがあると覚えておきましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。