浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年10月13日
16 view

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこと5選



これから賃貸物件で彼氏・彼女と同棲する方は、充実した毎日を思い描いていることでしょう。
しかし、いくら相手が気を許せる彼氏・彼女だからといって、何も考えずに生活していると、関係にヒビが入るおそれがあります。
ここからは、賃貸物件で同棲する方がやってはいけないことを5つほど解説します。

生活費の負担割合を決めずに生活する

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこととしては、まず“生活費の負担割合を決めずに生活する”ということが挙げられます。
お金の問題でトラブルになり、カップルが別れてしまうというのはよくある話です。
よって、両方働いているのか、そうでないのかなどを加味して、生活費の負担割合は同棲前に決めておきましょう。

相手の時間を奪う

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこととして、“相手の時間を奪う”ということも挙げられます。
同棲するからといって、常に彼氏・彼女に一緒にいることを強要してはいけません。
特に、1人暮らしが長い彼氏・彼女が相手の場合は、適度に1人の時間を過ごしてもらうようにしないと、息苦しいと感じさせてしまいます。

家事をしない

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこととしては、“家事をしない”ということも挙げられます。
これは、主に家事分担をしている場合に言えることです。
例えば、家事分担をしているケースでも、仕事が遅くなったなどの理由によって、できない日があるかもしれません。
そんなときは、早く帰ってきた方が家事をするくらいの優しさを持っておきましょう。
逆に、「担当は決まっているから」という冷たい対応をすると、関係性は一気に悪くなるでしょう。

無断で友人を招く

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこととしては、“無断で友人を招く”ということも挙げられます。
特に、共通の友人ではない人を招く場合は、必ず彼氏・彼女に許可を取らなければいけません。
「自分の家なのに…」と思う方もいるかもしれませんが、同棲する賃貸物件は、当然相手の彼氏・彼女の家でもあります。
自身が同じことをされたらどう思うか、しっかり考えて行動しましょう。

一緒に食事をしない

賃貸物件で同棲する方がやってはいけないこととしては、“一緒に食事をしない”ということも挙げられます。
同棲するカップルは、できる限り2人で話す機会を設け、コミュニケーションを取らなければいけません。
ただ、“話すための時間を設ける”と考えると、少し負担が大きいと感じる方もいるでしょう。
そんなときは、なるべく一緒に食事をする時間を取ることをおすすめします。
なぜなら、食事中は自然と話すことが多くなり、“話すための時間を設ける”という意識をしなくて済むからです。
もちろん、仕事の都合などにより、なかなか食事のタイミングが合わないカップルもいるかもしれませんが、1日1食だけでも一緒に食べられるように工夫しましょう。

まとめ

ここまで、賃貸物件で同棲する方がやってはいけない5つのことについて解説しました。
同棲をする直前のカップルは、同棲の良いところばかりを見て、難しさや問題点に目を向けていないことが多いため、注意しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。