浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年10月01日
6 view

特徴的な賃貸物件のメリットについて解説します!



世の中には、一般的なものとは少し異なる、特徴的な賃貸物件がいくつか存在します。
また、それらの特徴的な賃貸物件は、もちろん通常の物件にはないメリットを持っています。
ここからは、特徴のある賃貸物件をいくつかピックアップし、それぞれのメリットについて解説していきますので、ぜひご覧ください。

メゾネット物件

室内に階段があり、1階と2階に分かれている賃貸物件を“メゾネット物件”といいます。
“ロフト”とは違い、2階部分は居住スペースとして十分使える広さになっています。
メゾネット物件のメリットと言えば、やはり賃貸物件にも関わらず、戸建て物件で生活しているような気分を味わえるという点でしょう。
また、通常の賃貸物件と比べて、騒音トラブルが発生しにくいというところもメリットです。
なぜなら、2階部分で足音を立てたとしても、それが響くのは自身が住む1階部分だからです。

デザイナーズ物件

一般的に、デザイナーが内装・外装にこだわって設計した物件を“デザイナーズ物件”といいます。
明確な定義はないため、オーナーや不動産会社がデザイナーズ物件として扱っているものはすべて該当します。
デザイナーズ物件のメリットは、なんと言ってもオシャレで高級感があるというところです。
また、開放感がある間取りが多く、コンクリート打ちっぱなしの物件であれば、遮音性も非常に高いです。

UR賃貸

“都市再生機構”という行政法人が運営している公営住宅を“UR賃貸”といいます。
通常の賃貸物件と比べて入居にかかる費用が安いのがメリットで、保証人や更新料も不要です。
また、UR賃貸の多くはRC造、SRC造であるため、耐震性が高く、敷地や部屋の面積も広いケースが多いです。
ちなみに、35歳以下なら3年間限定の契約で賃料割引、親戚の部屋の近くに住むと賃料割引など、入居の際のプランが充実しているのも魅力です。

分譲賃貸

分譲マンション内にあるにも関わらず、賃貸物件として貸し出されている物件を“分譲賃貸”といいます。
持ち主が転勤などで利用できなくなった場合などに、貸し出されるケースが多いです。
分譲賃貸のメリットとしては、やはり建物の品質が良いということが挙げられます。
もともとは、ファミリー層が長期間生活することを想定して造られた物件であるため、間取りが広かったり、設備が充実していたりする可能性は高いです。

マンスリー物件

1ヶ月や3ヶ月など、短期間のみ住むことを前提とした物件を”マンスリー物件“といいます。
出張中や研修期間中などのビジネス利用だけでなく、就活中や旅行中などプライベートで利用されることもあります。
通常の賃貸物件とは違い、敷金・礼金・仲介手数料は不要であり、最初から家具や家電が設置されているというメリットもあります。
また、水道光熱費は定額制となっているため、普段よく料理をしたり、お風呂に入ったりする方は、お得に生活できる可能性があります。

まとめ

ここまで、特徴的な賃貸物件のメリットについて解説してきました。
物件探しに行き詰っているという方は、選択肢を広げるために、前述したような特徴的な物件も候補に入れることをおすすめします。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。