浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年09月28日
7 view

賃貸物件への引っ越しにかかる期間について解説します



初めて賃貸物件へ引っ越す方の中には、「どれくらいの期間がかかるのか?」という疑問を持っている方もいるでしょう。
また、引っ越しにかかる期間は、なるべく短くしたいですよね。
今回は、賃貸物件への引っ越しにかかる期間、そして期間を短縮するための方法について解説します!

賃貸物件への引っ越しにかかる期間は?

賃貸物件への引っ越しには、どれだけ短くても5日はかかると考えておきましょう。
内訳としては、物件探しに最低1日、審査に最低3日、荷造りに最低1日です。
もちろん、これはあくまで最短期間であり、通常は物件探しから引っ越し完了まで1週間~10日ほどかかることが多いです。
ちなみに、審査期間に関しては、不動産会社からの連絡に対して迅速に対応できなかったり、書類に間違いや不備が見つかったりした場合、さらに延びることが考えられます。

“即入居可”の賃貸物件について

物件探しをしていると、 “即入居可”と記載された物件を目にすることもあるでしょう。
これは、審査に通過すれば、前入居者が引っ越すのを待つことなく、すぐに契約できる賃貸物件を指しています。
ただ、中にはこの即入居可の賃貸物件について、“申し込みをしたその日に入居できる物件”という間違った認識を持った方もいるため、注意しましょう。
もちろん、即入居可だからといって、審査にかかる期間が短くなるわけでもありません。

時期によって引っ越し期間が長引くことも

賃貸物件への引っ越しにかかる期間は、時期によっても変わってきます。
例えば、春先は引っ越し業者の繁忙期であるため、基本的には引っ越し期間が延びがちです。
特に3月の頭~4月の頭までの間は、なかなか引っ越し業者の予約が取れず、待っている間に何日も経過してしまう可能性があります。
もちろん、春先は不動産会社の繁忙期でもあるため、内見をするための予約が取りづらくなることも考えられます。
しかし、内見なしで入居する物件を決めるのは危険なため、ここは多少引っ越し期間が延びたとしても、焦らずに内見すべきです。

賃貸物件への引っ越し期間を短縮するためには?

賃貸物件への引っ越し期間を短くするには、部屋探しを不動産会社に任せることをおすすめします。
具体的には、不動産会社に希望する物件の条件を伝えておき、条件に合うものから優先的にどんどん紹介してもらうという方法です。
自身でポータルサイトを使って調べるのも良いですが、圧倒的な物件数とプロの目線を持った不動産会社に調べてもらった方が、確実に効率は良くなります。
また、賃貸物件への引っ越し期間をなるべく短くするには、荷造りや荷解きもすべて任せられる引っ越し業者のプランを選びましょう。
オプションサービスであるため、引っ越し費用は少し高くなるかもしれませんが、複数の作業員に荷造り・荷解きを任せることができれば、一気に期間は短縮できます。

まとめ

ここまで、賃貸物件への引っ越しにかかる期間と、それを短くする方法について解説してきました。
引っ越し期間をタイトにするためには、なるべく繁忙期を避け、なおかつ不動産会社、引っ越し業者の力を存分に借りることが望ましいです。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。