浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年09月26日
5 view

駅チカ物件に住む方が知ってきたい4つのメリット



駅チカ物件のメリットと言えば、やはり“アクセス環境が良い”、“商業施設が近い”といったことが挙げられます。
また、これらは誰もが把握していることですが、他にも駅チカならではの良さはたくさんあります。
ここからは、今後駅チカ物件に住む方が知っておきたい4つのメリットを見ていきます。

雨の影響を受けにくい

駅チカ物件のメリットとしては、まず“雨の影響を受けにくい”ということが挙げられます。
駅までの距離が離れていると、傘を差していても雨に濡れやすくなってしまいます。
朝からスーツや靴がびしょ濡れになると、その日のやる気は大きく削がれてしまうでしょう。
一方、駅チカ物件であれば、駅までの移動ではほとんど濡れることがありません。
また、駅からの帰り道に急な雨が降っても、自宅が近い分びしょ濡れになる可能性は低いです。

電車の遅延に対応しやすい

駅チカ物件のメリットとしては、“電車の遅延に対応しやすい”ということも挙げられます。
電車は人身事故等の影響で、ダイヤが乱れることがあります。
また、それらの情報はスマートフォンでチェックできますが、駅が遠い場合、駅到着時にはすでに状況が変わっているかもしれません。
一方、駅チカ物件であれば、出発時に得た情報をほぼそのまま活用できるため、いつもとは別の路線を使用するなどして、電車の遅延に対応しやすくなります。
最寄り駅が路線数の多いターミナル駅であれば、なおさらこのメリットは大きくなります。

タクシーを利用する機会が減る

駅チカ物件のメリットには、“タクシーを利用する機会が減る”ということも挙げられます。
例えば、最寄り駅が自宅から15~20分のところにある方が、駅付近で夜遅くまでお酒を飲んだり、遊んだりしていた場合、ついついタクシーに乗って帰宅したくなることもあるでしょう。
特に、夏の暑い日や冬の寒い日に、数十分歩いて帰宅するのは、なかなか辛いものがあります。
ただ、駅チカ物件であれば、どれだけ遅くなっても、基本的にはタクシーを使って帰宅することはありません。
深夜にタクシーに乗ると、わずかな距離でも1,000円以上かかるケースが多いため、これは大きなメリットでしょう。

友人、家族などを招待しやすい

“友人、家族などを招待しやすい”というのも、これから駅チカ物件に住む方が知っておくべきメリットです。
駅から離れた物件の場合、遊びに来た友人や家族にも、その距離を歩いて移動してもらう必要があります。
また、居住する方自身は、通勤・通学時、駅までの往復に自転車を使用することができますが、訪ねて来る方はそういうわけにもいきません。
ただ、駅チカ物件であれば、駅からすぐ自宅に来てもらうことができますし、居住者の方が駅まで迎えに行くにも容易になります。
したがって、頻繁に友人や家族が部屋を訪ねてくる可能性がある方は、必ず駅チカ物件を選ぶべきだと言えます。

まとめ

ここまで、駅チカ物件に住む方が知っておきたい4つのメリットを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
おそらく、皆さんがあまり知らないメリットも含まれていたかと思いますので、この機会にぜひ覚えて帰ってください。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。