浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年09月16日
7 view

費用を抑えて賃貸物件に住みたい方が知っておくべき知識



賃貸物件に入居する際、皆さんが気になる要素と言えば、やはり入居費用ですよね。
また、学生や新社会人の方などは、なるべく少ない費用で入居したいと考えるでしょう。
今回は、費用を抑えて賃貸物件に住みたい方が知っておくべき知識について、余すことなく解説します。
参考にしていただけると思うので、ぜひご覧ください。

礼金値下げ交渉のポイントについて

費用を抑えて賃貸物件に住みたい方は、まず“礼金”の値下げ方法を知っておきましょう。
賃料の値下げ交渉が可能なのは皆さんもご存知かと思いますが、部屋を貸してもらったお礼として支払う礼金も、実は値下げ交渉が可能です。
また、礼金を値下げしてもらう際のポイントとしては、“交換条件を提示する”ということが挙げられます。
例えば、長期間その賃貸物件に住むつもりの方は、「礼金を値下げしてもらえるなら、2年以内の退去時に違約金を支払います」といった交渉をしてみましょう。
これをオーナーが承諾すれば、2年は確実に入居者を確保できるということになるため、決して悪い条件ではないと言えます。

仲介手数料値下げのポイントについて

費用を抑えて賃貸物件に入居したい方は、“仲介手数料”値下げのポイントも知っておきましょう。
賃貸物件の入居時、不動産会社に支払う報酬である仲介手数料も、賃料や礼金と同じく、値下げ交渉することができます。
具体的には、正直に予算が少ないことを伝え、契約する意思がしっかりある状態で交渉するのがポイントです。
また、入居の時期を選べるのであれば、なるべく4~7月の閑散期を狙い、そのときに値下げ交渉するべきです。
ただ、申込書に記入した後は、すでに満額の仲介手数料に同意しているという扱いになるため、基本的には交渉できません。

初期費用の分割払いについて

なるべく費用を抑えて賃貸物件に住みたい方は、初期費用の“分割払い”についても知っておきましょう。
入居時の初期費用と言えば、現金で一括払いしなければいけないというイメージが強いですが、必ずしもそうとは限りません。
基本的には、クレジットカード支払いにも対応しています。
また、もし不動産会社がクレジットカードの一括払いにしか対応していなかったとしても、カード会社のサービスで分割払いに切り替えることは可能です。
ただ、分割払いの回数が増えるほど利子は高くなってしまうため、その点だけは注意してください。

フリーレントの交渉について

費用を抑えて賃貸物件に住みたい方は、“フリーレント”の交渉についても知っておきましょう。
フリーレントとは、1~2ヶ月分の賃料が無料になる契約をいい、この契約を結ぶことで、最初の2ヶ月ほどはかなりコストを削減できます。
また、フリーレントとして募集されていなくても、交渉次第でフリーレントを付けてもらえることがあります。
例えば、先ほども解説した閑散期に契約したり、「フリーレントを付けてもらえれば、ぜひ契約したい」という強い気持ちを伝えたりすることで、かなり初期費用を減らせる可能性があります。

まとめ

費用を抑えて賃貸物件に入居したい方は、ありとあらゆる費用の交渉の仕方や、初期費用の支払いに関する知識を身に付けておきましょう。
そうすれば、手が届かないと思っていた物件に入居できるかもしれません。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。