新浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年09月16日
2 view

バイクを所有する方が賃貸物件を探す際のポイント



バイクを所有する方は、通常とは少し異なる観点から、賃貸物件探しをしなければいけません。
特に、“バイク置き場”に関するチェックは欠かせないでしょう。
ここからは、バイクを持つ方が賃貸物件を探す際のポイントについて、具体的に解説したいと思います。
ぜひ参考にしてください。

“駐輪場”があるだけで安心してはいけない

賃貸物件を探していると、“駐輪場有り”という文字を見かけることも多いと思います。
ただ、この文字だけで、“バイクを停められる賃貸物件”と判断してはいけません。
なぜなら、駐輪場はあくまで自転車を停めるスペースであり、物件によっては、バイクを置くのが禁止されている場合もあるからです。
たとえ原付などの小さいバイクであっても、自転車と比べると駐輪に必要なスペースは広くなりますし、エンジン音が騒音トラブルに繋がる可能性もあるため、あまりバイクの駐輪を良く思わないオーナーも中にはいます。
したがって、バイクを持っている方は、自転車専用の駐輪場ではないかをきちんと確認し、賃貸物件を選ばなければいけません。

バイク置き場は目で見て確認しよう

バイクを所有する方は、賃貸物件のバイク置き場について、しっかり自分の目で見て確認する必要があります。
具体的には、以下の点をチェックしましょう。

・バイク置き場と自転車の駐輪場は同じ場所にあるのか?
・屋根や壁で守られているか?
・セキュリティ性はどうか?
・規模はどれくらいなのか?

バイク置き場と駐輪場が同じ場所にあると、ぶつかって傷が付く可能性は高くなってしまいます。
バイク置き場の規模が小さく、すでにたくさんのバイクが停まっている場合も同様です。
また、屋根や壁で守られていない場合、汚れが目立ってしまうため、カバーを購入する必要があります。
もちろん、部品や付属品の盗難に遭わないように、セキュリティ性が高いバイク置き場のある賃貸物件を選ぶことも大切です。

バイク置き場付き物件が見つからないときは?

バイク置き場付きの賃貸物件が見つからないときは、駐車場付きの物件を探し、空いている駐車スペースにバイクを停めさせてもらえないか交渉してみましょう。
バイクは車に比べて狭いスペースで停められるため、これが認められる場合は、駐車場代を割引してもらえる可能性もあります。
また、もし駐車場にバイクを停めるのが難しいのであれば、近隣の駐輪場を利用しましょう。
できれば、雨風をしのげる屋内駐輪場を選びたいですね。
ちなみに、バイクの駐輪スペースとしては、バイク専用の“コンテナ”も挙げられます。
これは、コンテナをバイク置き場として借りるものであり、専用のコンテナを利用できるためセキュリティ性が非常に高く、コンテナの中にはバイク以外の荷物を置くことも可能です。
ただ、一般的な駐車場よりも利用料金は高くなる傾向にあるため、その点も考慮して選びましょう。

まとめ

ここまで、バイクを所有する方が賃貸物件を探す際のポイントを細かく見てきましたが、いかがでしたか?
バイクを停められると思い込んで入居したのは良いものの、実際は停められないということになると、駐輪スペースの確保に追われてしまうため、注意しましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。