新浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2020年08月31日
4 view

単身赴任をする方に向いている賃貸物件ってどんなの?



職場の人事異動などにより、急遽単身赴任をすることになったという方もいるでしょう。
特に夏が終わるこれからの時期は、多くの企業で人事異動が増えてきます。
では、単身赴任をする方に向いている賃貸物件には、一体どのような物件が挙げられるのでしょうか?
まさにこれから転勤するという方は、ぜひ参考にしてください。

①家具・家電付き物件

単身赴任をする方に向いている賃貸物件としては、まず“家具・家電付き物件”が挙げられます。
普段家族と生活している方は、単身赴任の際、基本的に家具や家電を新しく用意しなければいけません。
なぜなら、自宅にあるものを持っていくと、家族が使うものがなくなってしまうからです。
また、家族世帯用の家具・家電は、サイズなどが単身者の生活に適していないことも多いです。
そんなとき、家具・家電付きの賃貸物件を選べば、最初から単身者の方が使いやすいものが揃っているため、非常に便利です。
できれば、エアコン、冷蔵庫、電子レンジの3つは確保しておきたいところですね。

②食事付き物件

単身赴任をする方に向いている賃貸物件としては、“食事付き物件”も挙げられます。
これまで、奥さんの作った料理を食べてきたという方は、単身赴任をすることになった途端、どうしても栄養バランスが乱れがちになります。
また、栄養バランスが乱れると、免疫力の低下や体調の悪化などに繋がることも考えられます。
ただ、食事付き物件を選べば、そのような心配は少なくなります。
食事付き物件とは、栄養士などが考えたバランスの良い食事を毎日朝・晩に食べられる物件を指し、主にマンスリーマンションや高齢者向け物件で見られます。

③利便性が高い物件

“利便性が高い物件”も、単身赴任をする方に向いている賃貸物件だと言えます。
単身赴任をする方は、これまで奥さんにしてもらっていた炊事や洗濯、掃除などをすべて自身で行わなければいけません。
そのため、食材や日用品などを効率良く購入できる大型スーパー、コンビニなどが近くにあるかどうかは、物件探しの際に必ず確認しておきましょう。
また、単身赴任をする場合、体調を壊しても自分1人で対処しなければいけません。
したがって、その場合にすぐ通える病院が近くにあるかどうかも、事前にチェックすることをおすすめします。

面倒でも実際現地に行って物件をチェックすべき

あまりにも遠隔地である場合は致し方ありませんが、自家用車または電車で行けるくらいの距離であれば、面倒でも単身赴任生活を送る物件はチェックしておきましょう。
単身赴任用の賃貸物件に関しては、勤務先が賃料を負担してくれるケースも多く、もし入居後に不便さを感じても、簡単に引っ越すことはできません。
また、当初予定されていた期間よりも、単身赴任の期間が延びる可能性もあるため、快適な生活が送れるかどうかのチェックは入念に行いましょう。

まとめ

ここまで、単身赴任をする方に向いている賃貸物件の特徴をいくつか見てきましたが、いかがでしたか?
単身赴任は精神的・肉体的ストレスが溜まりやすいため、少しでも快適な賃貸物件を選び、それを軽減させることを考えましょう。
千葉県の浦安・新浦安で賃貸物件をお探しの方、不動産管理の依頼をご検討の方は、是非、清田屋不動産へご連絡下さい!
心よりお待ちしております。